旅行・地域

声がでなくなって判ったこと        11月27日

以前から、このブログでお話しているのだが、私は、風邪ひきをこじらし、ある日、突然、声が出なくなった。最初、凄いショックだった。それも、次の日紙芝居文化の総会に出席の為、東京へ行く矢先の時だった。

でも、心配する家族を振り切り、私は、そのまま東京へ行った。その時、一番不自由だと思ったことは、私に声をかけてくださる方々に、ろくろく挨拶の言葉を述べられないことでした、せっかく、声をかけてくださっているのに、本当に申し訳ない気持ちで一杯でした。

また、私が声が出ないようになった時のコミュニケーションの取りかたに、苦慮しました。手話が出来ないにで、それらしき身振り、手振りをしたり、筆談をしたり、なかなか、大変です。

でも、そんな声が出ない私と、とても自然にコミュニケーションがとれた方がおられました。それは、紙芝居文化の会の総会に、来られていた、盲目のミュージシャンの方でした。

帰りの新幹線で、ご一緒させて戴いた時、目が見えないその方が、私にごく自然に言われた言葉で、私はとても気持ちが楽になったことがあるのです。それは、「何の返事をしなくていいから、聴いてください。」とおっしゃって、お話をし始められたことで、とても、なごやかに、会話?いや、心が通じ合ったような気がしました。

私は、その新幹線の中での、その方の自然なやり取りで判ったことは、声を発して、話すコミュニケーションもあるけど、言葉のやりとりをしないで、黙って、相手のお話に耳を傾けて、そのお話に、共感したり、時には、リアクションの空気を送ることで、立派にコミュニケーションて、通いあわすことが出来るんだということがわかった。

言い換えれば、心のコミュニケーションと言うものなのかもしれない

それに関連して、私の家の近所に、交通事故で、全く言葉を話せない女性がおられる。だが、その方と道で出合った私達は、言葉を交わせないのだが、なんとなく、相手の言わんとしていることが、判るような気がして、コミュニケーションのやりとりが出来るのだ。

こうして、声を出せない私が、判ったことは、自分がしゃべれない分、余計に、相手の言葉を聴こうと云う姿勢が出来るのだ。こちらが話せないからこそ、相手の人の言わんとしていることを、理解しようと聞き手に徹する。これが却って、真のコミュニケーションを図れるのかもしれない。

言葉と言葉を交わして、コミュニケーションを図れるに越したことはないが、それが出来なくても、結構、相手のお話を黙って聴くことだけでも、気持ちって、通じ合うものなんだなあということが、よく理解できたみかんなのであった。

普段は、しゃべると止まらない私が、借り来た猫みたいに押し黙っているのが、とても面白いかったとおっしゃっていた、童心社の会長さんには、少し照れてしまったみかんであったが、それだけ私って、しゃべりな人間なんだと、思われていたのだと言う、自分の以外な、人様から見られるイメージみたいなことも判り、本当に勉強になった。

「声をなくし、初めて知らされる我がひととなりかな」みかん戯作cat

                byみかん

| | コメント (1)

みかんの紙芝居情報!

8月19日(日)  14時半~15時  土佐堀公園

8月25日(土)  17時~18時  土佐堀公園(納涼祭)   地下鉄肥後橋下車5分

8月26日(日)  14時と15時   全興寺街頭紙芝居    地下鉄平野駅下

9月9日(日)   13時半~16時  難波市民学習センター OKATO4階

           「The 紙芝居」  講師 田中和子氏 (紙芝居文化運営委員) 

           ~その演じ方と作品の選び方~  受講料 ¥1000円

           (詳しくは、今月8月号の「いちょう並木」もしくは、O6-6621-2467

           紙芝居専門部会山口まで、お問い合わせ下さいませ。           

| | コメント (0)