« 紙芝居は、コミュニケーション         2013年1月23日 | トップページ | みかんはん、あんたはん           2013年1月26日 »

勇気を持とう!            2013年1月24日

今の私に、一番足りないもの、それは、勇気だ!ああしよう、こうしょうと、想うだけで、なかなか行動に移れない。

腰が重い?(全部重いやん!)のもあるけど、一番やりたいことで、自立出来れば、人間は、最高に幸せであろう。が、なかなか、そんな人は稀である。

目の前のことばかりに気をとられて、本当にやりたいことをする、勇気がないのか!

本当に言いたいことは、私は、桜宮高校の入試が出来ないことは、おかしいと思う。おかしいことを、おかしいと言いたい。

体罰で生徒が自殺したことと、これから、将来の夢を抱いて、受験することと、なんの因果関係が、あるのか?

一つの悲しい出来事が在れば、その全てを否定する論理が、何故、罷り通るのかを、理に叶った道理で、受験を希望する生徒さん、一人ひとりに、納得がいくように、どうして、説明を出来るのか?

百歩譲って、受験を中止することを認めたとして、その後、どのように、学校改革をしていくのか、そのビジョンが、全く、見えて来ない。

校長を更迭することで、全ての問題が、学校が変わるのか?受験を中止することで、体罰が、本当に皆無になるのか?教育の根本は、愛の気持ちではないのか?

この処置の、何処に、愛の気持ちが、在ると言えるのか?体罰の根源的な解決方法を、追究することで、本当の教育とは、どういうことであるかということを、教師だけでなく、周りの大人達が、身を呈して示すことであると思う。

こんな形で、入試を中止して、一体、誰が、幸せになるのであろうか?

体罰のある学校は、全て、入試が出来ないということか?

私は、勇気を持って、言いたい。愛の無い教育改革は、子ども達の心を、ただ、傷つけるだけで、なんの問題解決にはならないことを・・・

私には、なんの力もない。だから、本当に悲しい・・・

|

« 紙芝居は、コミュニケーション         2013年1月23日 | トップページ | みかんはん、あんたはん           2013年1月26日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙芝居は、コミュニケーション         2013年1月23日 | トップページ | みかんはん、あんたはん           2013年1月26日 »