« クリスマスが近づいて来ました!       2012年12月20日 | トップページ | 亡き中沢啓治さんにはだしのゲンを捧ぐ  2012年12月25日 »

ありがとう!中津学園さん~   2012年12月23日

クリスマスイブの前日の日曜日、風邪気味の身体を押して、従兄弟のヤスケンと、中津に在る、中津学園さんのクリスマス会に、お邪魔した。

この学園は、我が生涯の恩師、故大河萬子次先生が、ずっと、手品を披露されておられた学園である。大河先生のお導きか、従兄弟と、私、みかんは、大河先生の御意志を継ぐべく、この学園で、マジックと紙芝居を、披露させて戴いた。

園長先生を始め、職員の先生方や、学園の皆さんが、みんな、私達を心から歓迎してくださり、本当に嬉しかった。

私は、紙芝居「まんまるまんま たんたかたん」と「よいしょ よいしょ」を演じさせて戴いた。続いて、従兄弟のヤスケンが、鮮やかな手さばきと、ユーモアをまじえた演技で、次々と手品を披露。やっぱり、一緒に来させてもらって良かった~

うちらの実演が終わると、観客の皆様が、温かい拍手を贈ってくださり、体調の悪いのも、どこかにふっとんで、しまったような気持ちで、嬉しかった。

私達は、演技を終えて、道具をしまうのもそこそこに、観客席で、学園の生徒さん達や、ボランティアの大学生さん達の実演を、愉しませて戴いた。

中でも、一番凄いと思ったのは、昨年も、交流させて戴いた、年配の男性の方の楽器の演奏であった。もう、それは、それは、とても素晴らしい音色で、私達は、「凄い!」と、声を唸らせて、「あんな音楽と、コラボ出来たらええねえ~」と、感動の気持ちを込めながら言った。

会場の何処かで、大河先生が、「ありがとう。ありがとう。」とおっしゃっている声が聞こえて来るように、思われ、思わず胸が熱くなり、私の、久しぶりにアシャドーとマスカラで、無駄な抵抗をした目が、ウルウルして来た。(ミットもない。草野球か?)

全てのプログラムが終了した後、私達は、応接室に招かれて、園長先生と、いろいろなお話をさせて戴き、学園を出る時は、もう、すっかり外は、暗くなっていた。

私達は、ほんの束の間の、触れ合いであるが、学園の職員の先生方は、生徒さん達と、24時間、ずっと過ごされるのだと思うと、自分の出来ることなんて、本当に、ちっぽけな事なんや。けど、これからも、ずっと、細く長く、こちらに来させて戴きたい。と、心から願う、みかんであった。

皆様、本当に、ありがとうございます。日々、感謝ある耳!

                    byみかん

|

« クリスマスが近づいて来ました!       2012年12月20日 | トップページ | 亡き中沢啓治さんにはだしのゲンを捧ぐ  2012年12月25日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスが近づいて来ました!       2012年12月20日 | トップページ | 亡き中沢啓治さんにはだしのゲンを捧ぐ  2012年12月25日 »