« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

平田篤胤の教訓               2012年12月30日

上見れば 及ばぬことの 多かれど 笠脱ぎて見よ 及ぶ限りを」

この歌の作者は、江戸時代の国学者、平田篤胤である。彼は、秋田藩士であったが、若くして脱藩し、紆余曲折しながら、江戸へ行き、独学で、国学を学んだ。

私が、彼と一番、共感する処は、紙芝居の道を独学で、学んでいる点だ。篤胤は、国学者、本居宣長の学問を研究することで、国学を学んだそうだ。

私は、紙芝居文化の会の理論と実演方法を学んでいる。だが、文化の会の理論と、現場でのギャップに、正直、苦慮している自分が居る。

この歌の解釈は「上を見ると自分に及ばないことが多いものだ。しかし、大志を抱いたり芸術など自分の道を追究したりするときは、狭い範囲だけを見ずに、できる限りの広い世界を見ていくことだ。」(斉藤亜加里著 「親から子へ代々語り継がれてきた教訓歌」 きこ書房)

全くその通りである。自分の紙芝居に対する想いは、どんなに熱くても、広い見識や、柔軟な心が必要である。

世阿弥の言う芸道の三つの段階に、守・破・離と云うのが、在るそうだ。私自身は、今、どの段階かいなあと、思しきや。まだまだ、二番目の「破」の辺りを、どうやら、行きつ戻りつしているようである。

青空みかんの紙芝居の流儀を確立するまでには、まだまだ、道は遠いけれど、一番の師匠は、観客の皆様方である。その為にも、学びと実践の二本柱で、先達の紙芝居の文献を紐解きながら、一回でも多く、紙芝居の実演を行うことが、肝要と想うのだ。

また、紙芝居だけに凝り固まるのではなく、日常の生活や、人との出逢いの中で、いろいろな見聞を深めながら、青空みかんは、笠はないけど、身体のかさはある?(なんのこっちゃ?)とにかく、まだまだ、解らないことだらけやけんど、紙芝居は、人を魅了する、素晴らしい要素をいっぱい、秘めていることは、確かだ。

日本で生まれた、紙芝居という、素晴らしい文化を、次代の人々に引き継ぐべく、青空にぽつんと一つ、橙色のみかんが、宙に舞っている光景は、いと、おかしかな~日々感謝pencilbooknotesnightdoor

               byみかんcat

| | コメント (0)

良いお年を~                2012年12月29日

今年ほど、命の尊さ、儚さを実感した年は、なかった。自分自身も、健康を損ない、それは、それは、大勢の方々に、御迷惑や、ご心配をおかけして、申し訳ない気持ちで、一杯だ。

来年こそは、元気ハツラツ、はだしのゲンのように、麦の如く、逞しくなれたらと想う。逢う人毎に、「良いお年を」と言いながら、皆様の幸いを願うみかんなのです。

まだ、完熟しきっていない、みかんではあるし、年も若い!(うそばっかり!)これからの自分の人生を歩んでいかんといけないし、何よりも、紙芝居の文化を、発信していくことが、自分の使命であると、生意気にも、鑑みているのだから、始末におえない。

みかんはん、あんたはん、人様に、「良いお年を」なんて言うてるけど、あんたが、もう、ええ年なんやさかい、来年は、もうちょっと、乾布摩擦でもして、身体を鍛えなはれ!テイ~!

こうして、自分自身に気合を入れる、みかんであった。世の中には、生きたくても生きることが出来なくて、朝露のように消えてしまわれる方が、たくさんおられるのや。

あんたは、もうちょっと、頑丈になって、図太く生きんといけんよ。(広島弁になってしまった・・・)今年最後の紙芝居、「ピースおおさか」での、『はだしのゲン』の紙芝居も、無事に終えさせて戴き、後は、新しい年を迎えるばかりとなりました。

どうぞ、皆様も、良いお年を、お迎えくださいませ。新年は、五日(土曜日)の守口の大日に在る、「ムーブ21」の土曜ステージで、お逢い致しましょう。17時スタートです!

年一年、たくさんの方々との、良き出逢いに、感謝致します。何時も、ありがとうございます!日々感謝。fujibottlepcheart04house

                    byみかんcat

| | コメント (0)

亡き中沢啓治さんにはだしのゲンを捧ぐ  2012年12月25日

えっ!うそやん。信じられへん。中沢啓治さんが、亡くなるなんて・・・うちは、中沢啓治先生に、はだしのゲンの紙芝居を観てもらいたいという一心で、演じていた。ただ、それだけで。

それなのに、こんなに早く、逝ってしまわれるなんて・・・・・もっと、早く、中沢先生に、きちんちとお手紙を書いて、お知らせすれば良かった・・・・・後悔しても、もう、遅い。

明日は、ピース大阪で、魂を込めて、中沢先生に届くことを、心から願って、紙芝居「はだしのゲン」を演じさせて、もらいます。

なんで、こんな展開になるねん。自分で自分が厭になり、自暴自棄の気持ちを堪えきれない自分が、情けない。こんな気持ちで、明日、まともに、紙芝居を演ることが出来るのか?

しっかりしろ!みかんはん。あんたのこと、言うてんのや!なんや、そのしんきくさい顔は・・・もう、お風呂入って、寝なはれ。明日の実演に差し障るで~

中沢啓治さん、ごめんなさい。こんな、気持ちの弱い私ですが、貴方様のことを、心より敬愛し、明日は、精一杯、紙芝居「はだしのゲン」を実演させて戴きます。どうぞ、安らかに、お眠りください。合掌shinenightchairshadowpenheart04

                 byみかんflair

| | コメント (0)

ありがとう!中津学園さん~   2012年12月23日

クリスマスイブの前日の日曜日、風邪気味の身体を押して、従兄弟のヤスケンと、中津に在る、中津学園さんのクリスマス会に、お邪魔した。

この学園は、我が生涯の恩師、故大河萬子次先生が、ずっと、手品を披露されておられた学園である。大河先生のお導きか、従兄弟と、私、みかんは、大河先生の御意志を継ぐべく、この学園で、マジックと紙芝居を、披露させて戴いた。

園長先生を始め、職員の先生方や、学園の皆さんが、みんな、私達を心から歓迎してくださり、本当に嬉しかった。

私は、紙芝居「まんまるまんま たんたかたん」と「よいしょ よいしょ」を演じさせて戴いた。続いて、従兄弟のヤスケンが、鮮やかな手さばきと、ユーモアをまじえた演技で、次々と手品を披露。やっぱり、一緒に来させてもらって良かった~

うちらの実演が終わると、観客の皆様が、温かい拍手を贈ってくださり、体調の悪いのも、どこかにふっとんで、しまったような気持ちで、嬉しかった。

私達は、演技を終えて、道具をしまうのもそこそこに、観客席で、学園の生徒さん達や、ボランティアの大学生さん達の実演を、愉しませて戴いた。

中でも、一番凄いと思ったのは、昨年も、交流させて戴いた、年配の男性の方の楽器の演奏であった。もう、それは、それは、とても素晴らしい音色で、私達は、「凄い!」と、声を唸らせて、「あんな音楽と、コラボ出来たらええねえ~」と、感動の気持ちを込めながら言った。

会場の何処かで、大河先生が、「ありがとう。ありがとう。」とおっしゃっている声が聞こえて来るように、思われ、思わず胸が熱くなり、私の、久しぶりにアシャドーとマスカラで、無駄な抵抗をした目が、ウルウルして来た。(ミットもない。草野球か?)

全てのプログラムが終了した後、私達は、応接室に招かれて、園長先生と、いろいろなお話をさせて戴き、学園を出る時は、もう、すっかり外は、暗くなっていた。

私達は、ほんの束の間の、触れ合いであるが、学園の職員の先生方は、生徒さん達と、24時間、ずっと過ごされるのだと思うと、自分の出来ることなんて、本当に、ちっぽけな事なんや。けど、これからも、ずっと、細く長く、こちらに来させて戴きたい。と、心から願う、みかんであった。

皆様、本当に、ありがとうございます。日々、感謝ある耳!nightdramaheart04budshine

                    byみかんcat

| | コメント (0)

クリスマスが近づいて来ました!       2012年12月20日

皆さん、もうすぐクリスマスですね。サンタクロースのおじいさんも、プレゼントの準備に、忙しいことでしょう。cat

サンタクロースのおじいさんは、本当に居るのでしょう。そう、ずっと信じている良い子のみんんなには、きっと、素敵なプレゼントが、もらえる事を、お約束したいです。

私も子どもの時は、サンタのおじさんにお願いをして、靴下を枕元に置いて、眠りにつきました。すると、朝になって目が覚めると、靴下の中に、本当に願い通りのプレゼントが、入れてあって、心から嬉しかったことを、今でも覚えています。

私の欲しかったプレゼントは、福笑いとか、羽子板とか、双六だとか、そんな昔の遊び道具だったと記憶します。

今のサンタさんは、大変ですね。ゲームソフトとか、アイホンなんかを欲しがる子ども達が居たら、サンタさんも、冷や汗たらたらでは、ないかと、お察し致します。

でも、こんな時代だからこそ、サンタさんも、顔晴って、良い子のみんなに、夢を持ち続けられるように、して欲しいですね。大変だけど・・・

この季節に合う紙芝居は、「てぶくろを買いに」「てぶくろ」「ゆきわたり」「かさじぞう」「ふうちゃんのそり」「モチモチの木」などは、いかがでしょうか?

絵本のプレゼントもいいけれど、紙芝居のプレゼントも、案外、喜ばれるかもしれませんね。heart04xmassnowsnowboard

               byみかんpresent

| | コメント (0)

無題                      2012年12月16日

私はただの人間です。

私は唯一無二の存在です。

私は紙芝居が好きな人間です。

私は紙芝居のことは詳しく知りません。

私は紙芝居のことが知りたいです。

私は紙芝居は素晴らしいと思っています。

私は紙芝居の素晴らしさを周囲の人に知ってもらいたいです。

私は紙芝居しか出来ません。

私は紙芝居をただただ演じたいと思っています。

私は紙芝居の魅力に惹かれてしまいました。

私は紙芝居と伴に生きていくのでしょう。

きっとこれからもずっと・・・・・多分。

                byみかんclovershinecat

            

| | コメント (0)

だいぶ楽になりました~      2012年12月14日

しとしとと雨が降る夜寒です~皆様、如何お過ごしでしょうか?私は、嗚呼、病の床に伏しておりましたが、なんとか、生還出来ることが出来ました!(そない、たいそうな・・・)

せやけど、なんでんなあ~人間て、ほんまに弱い生き物ですね。もう、大そうやけど、病気になって、お布団の中で、ゴロゴロしていると、ろくなこと考えませんわ。

自分の老後は、どうなるんやろうか?とか、もう、この命が終わってしまうのか~なんて、寂しいことばかり考えておりました。

病は気からと申しますが、ほんまに、そうでんなあ・・・病気は、あきまへん。気持ちが後ろ向きになります。

そんなんで、やっぱり、健康が一番と、つくづく思いました。なんかさ~最近、自分の身の回りが、急回転することばかりで、ついていけまへん。

もう~考えてもしゃあない。寝ますです。はい。皆さん、お休みなさい。今日という日を生かされていることに、感謝して、青空みかんは、静かに、眠るのです~お休みなさい。

もっと、元気になったら、もうちょっと、ましなこと書き込みます。ごめんなさい。(ましなて、どんなけ~)お休みなさい・・・日々感謝!

                byみかんcat

| | コメント (0)

みかんのお詫び~          2012年12月13日

今、今年の流行風邪に冒され、皆様に多大なる御迷惑を、おかけ致しましたこと、心より、お詫び申し上げます。

 徳は弧ならず

 必ず隣有り  (論語より)

| | コメント (0)

みかんの逍遥は、しょうよ!?          2012年12月6日

失敗することを恐れている自分に、何時も、鼓舞しながら言い聞かせている言葉が、在る。「何度でも転べばいい~転ぶと、それだけ強くなれる。逞しくなれる。したたかになれる。」

国語の教科書の中に、「三年とうげ」と云うお話がある。おじいさんが、峠で転んだと言っては、嘆いていたが、或る若者が、一度転べば、三年長生き出来る~と、聞かせて、おじいさんは、喜んで、その峠で転び続けた=と、言うようなお話だったと思う。

だいたいやね。今の日本人は、失敗することは、いけないとことやと云う風潮に、成って来て、萎縮しているよ。

失敗してもええやん。何回でも、転んだらええやん。転んだら、また、立ち上がったらええねんから。自慢やないけど、うちら、もう、毎日が、失敗の連続ですわ。

しっぱいか、すっぱいか、解らんくらい、もう、ずっこけですね。せやから、失敗することは、あかんことやとおもいまへん。

紙芝居の実演でも、ほんまによう、失敗します。そしたら、もう、悔しいんですわ。すっごく、悔しくて悔しくて、今度こそは、もっと、観客との、あの、なんとも言えない、ピーンと張りつめた空気を、実感したいと、望むんですわ。

ほんで、いろんなことに、挑戦したいと云う気持ちに、なるんですね。もう、こんな自分に、自分でも、あきれています。

せやけど、その反面、そんな自分が、とても、愛しくなるから、不思議ですね。鏡に、自分の顔を映して、ニコ~と、満面の笑みを見せるのです。(ナルシストか?)

最近、胃が、荒れて来ているのか、口の横の口角が切れて、ヒリヒリとして痛いけれど、笑うのです。(あ~痛気持ちいい~)

すいません。もう、完全に、みかんワールドに、入ってしまいました。

話を元にもどしまひょ。とにかく、皆さん、大いに失敗しようでは、ありませんか?紙芝居と同じで、人生は、後戻りできないけれど、やり直しはでけるのです。何度でも、やり直しましよう。

挫折は左折?なんか、よう、わからんけれど、車を運転する時かて、左折するのって、結構、勇気いりますよね。右折とはまた違う角度で、周囲を見ないといけない。特に、左後方=教習所で習った「ルー・シー・ミラー」ああ、懐かしい・・・

そうなんです!人生も、「ルー・シー・ミラー」の気持ちを持ちながら、ご陽気に、楽しく、ドライブしようでは、ありませんか?

寛容の心が、今の日本を救う。勝つことだけが、全てではない。違った角度で見る目を持つこと。その為には、近視眼的な考えは、捨て去り、トンボのような、複眼を持ちつつ、飛びましょう。

トンボのメガネは、水色メガネ あ~おいおそらをとんだから と~んだから~♪

すみません。童謡なんかつぶやいて・・・今日は、だいぶ疲れております。最後迄、お付き合いいただき、誠にありがとうございます。

急に冷えてまいりました。日本列島は、大荒れのお天気模様。皆様、くれぐれも、ご用心ください。

でも、冬の寒い夜空は、大阪でも、とっても星が、きれいでした!nighthouseheart04japaneseteapcnotes

                  byみかんcat

| | コメント (0)

嗚呼、悲しき哉!中村勘三郎さん逝く   2012年12月5日

朝、目覚めたら、衝撃のニュースが、私の耳に飛び込んで来た。歌舞伎界の時代の先駆けである、中村勘三郎さんの訃報であった。

中村勘三郎さんは、年がばれるが、私より一つ年長で、子供の頃から、テレビの子役で、ドラマなどに出演されていた。中村勘九郎と名乗って、それは、私達のアイドル的存在であった。

高校一年生の時、同じクラスに、中村勘九郎に、そっくりの男子が居て、クラスのみんなは、その子のことを「勘九郎、勘九郎!」と言って、呼んでいた。

新聞等やテレビで、大変な闘病生活を送られていると報道されていたが、勘九郎否、勘三郎さんのことだから、きっと、あの、気魄の演技の如く、再び、舞台に立たれることを信じていたのに・・・

どんなに、舞台を踏みたかったことか、お察し致します。もう二度と、あの、素敵な笑顔と、魂のこもったお芝居を観ることが、出来ないなんて・・・本当に悲しくて、目から涙が、溢れて来ます。

生きていることが、命と云うものが、こんなに宝物のように素晴らしいことで、生かされていることが、これ程、尊いことだということを、勘三郎さんが、身を以って私に教えてくださったような気持ちです。

勘三郎様、どうぞ、天国で、お父様の先代、中村勘三郎さんとご一緒に、子どもの頃、テレビで共演されたように、仲良く、愉しく、父子で、お芝居を存分にされ、語らい、お酒を酌みあってください。

今年も、本当に、尊い命が、い~っぱい消えていくけれど、新しい命も生まれるのだ。私達は、そんな、命の輪廻転生を、人間として、もっと、敬虔に受け止め、与えて戴いた人生を、全うすべく、大切に生きていこうでは、ありませんか?合掌flairshinesandclockheart04bottletv

                 byみかんcat

| | コメント (0)

親子de戦跡ウオーク            2012年12月4日

花の連休~なのですが、結構、普段、出来ていない所用が、ございまして、なんやかんやと、こなしていた処に、ピースおおさかの職員さんからの連絡・・・・

用件は、今度の12月8日(土)に、「親子de戦跡ウオーク」と云う、イベントのご案内であった。戦跡ウオークというのは、ピースおおさかさんの在る、森ノ宮の辺りは、昔、軍需工場や、射撃場が、在ったのだそうだ。私の父も、そこの被服省という、軍服などを作る工場に行っていた。

その見学会を、是非、子どもさん達と、親御さん達に、ご案内をされたいとのことであった。私も、知り合いの子どもさんの親御さんや、ピアノの先生をしておられる友人に、お知らせをさせて戴いた。

皆様も、12月8日は、あの、第二次世界大戦=太平洋戦争が始まった日です。日本の青年将校が、ハワイの真珠湾を攻撃して、先の悲惨な戦争が勃発した日として、是非、子ども達に、語り継いでいこうでは、ありませんか?

或る本に、右より、左よりなどという考えは、おかしいと書いてありました。それは、時代の世相を鏡に照らし合わすから、そのように、偏った考え方と、捉えられるのであって、誰も、自分の我が子を、戦場に喜んで送り出す親が、何処の世界におられるでしょうか?

今、この混迷した時代だからこそ、もう一度、ほんとう意味での平和を、普遍的な価値観として鑑みて、考えてみる時代が、来たのではないかと、私は想います。

でも、ピースおおさかさん、もう少し、早よ知らせてね。私、結構、暇で、スケジュール、ガラガラやけど、整骨院も行かんといけないし、スーパーの特売日と、商店街の大売出しの日ですねんけど・・・でも、ま、いいか~日々感謝!scissorsnotescarouselponyheart04apple

                  byみかんcat

~親子de戦跡ウオークのお知らせ~

日時 12月8日(土)   10時~16時 (途中参加・早退OK)

集合場所 

    ピースおおさか JR環状線「森ノ宮」・地下鉄中央線「森ノ宮」①番出口

参加費    無料

お申し込み・お問い合わせ  電話 06ー6947-7208

           ピースおおさか (大阪国際平和センター)

| | コメント (0)

12月のみかんの予定        2012年12月1日

heart04clover皆様、今年も押し迫ってまいりました。また、寒さも、一段と堪えるようになって参りましたが、如何、お過ごしでしょうか?私は、携帯を機種変更して、日夜、新しい携帯と、挌闘しております。

みかんは、最近、なかなか、メールをよこさないなあと、思われる方は、みかんまで、メールをしてやってください。でも、そんな暇な方は、おられないと思うので、とっとと、今月の予定を、お知らせ致します。

そんな予定も、迷惑じゃ~と、思われる方も、どうぞ、読み捨てください。今月も、寒さに負けず、活動をさせて戴きます。いつも、ありがとうございます!

~12月のみかんの予定~

12月9日(日) * 「なにわの子どもまつり」 

        大阪市立市民交流センターなにわ

       11時40分~12時10分 JR環状線「芦原橋」駅南口

          *「なにわともあれ東住吉生涯学習文化祭」

       14時~15時 東住吉区役所 (地下鉄谷町線田辺駅)

12月13日(木) *「ピースおおさか平和紙芝居」 

           10時~と11時~ (JR・地下鉄森ノ宮駅)

      *にこにこトマト「カチカチ座」 (14時30分~15時30分)

          京都大学付属病院小児科病棟プレイルーム

12月16日(日) 紙芝居教室in難波 (難波市民学習センター)

          13時30分~16時30分 (OKATビル4F)

12月23日(日) 平野全興寺さん紙芝居 (地下鉄・JR平野駅)

               午後2時と3時

12月26日(水) 「はだしのゲン」ノンストップ紙芝居

         ピースおおさか 講堂 (JR・地下鉄森ノ宮駅)

       東日本大震災の復興は、まだまだ終わっていない・・・

          14時~15時30分 「ピースおおさか講堂」にて

               

~「手づくり紙芝居」講座のお知らせ~

紙芝居の歴史や演じ方を、学んで!作って!実演してみませんか?

日程  12/12・12/19・1/9・1/16・1/23・2/6・2/13・2/20・2/27

     水曜日 19時~21時

発表会  2月23日 (土) 13時~15時

場所 大阪市立市民交流センターなにわ (JR環状線「芦原橋」駅下車南口すぐ)

〒556-0026 大阪市浪速区浪速西 1-3-10

    TEL 06-6568-0791/ FAX  06-6568-4989

H.P.http://www.kouryuu-naniwa.com

材料費 \500(円)

講師  山口文子 (青空みかん紙芝居の会 大阪市生涯学習インストラクター)

お申し込み 来館・電話・FAX・ハガキ・メール

    全部は、しなくていいですよ~(なんでやねん!失礼しました・・・)

    いずれかの方法で、御住所・お名前・連絡先をご明記の上、お申し込みください~

以上、今月も、お陰様で、紙芝居の活動と普及をさせて戴くことを、有り難く想っております。「なにわ」の街、大阪から、全国に、皆様と共に、元気なパワーを、発信してまいりましょうfujijapaneseteasnowheart04snowboard

              byみかんcat

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »