« マスクは、手放せない~         2012年11月20日 | トップページ | たこせんべいと「てるてる寄席」     2012年11月22日 »

高齢化社会は生き甲斐づくりから~   2012年11月21日

せやけど、なんでんな~こんなに高齢化社会になって、人口も減って、少子化が進むとは、誰も予想せんかったのでしょうか?

アンチエイジングか若返りか、なんか、よう解らんけど、昔話の紙芝居で「あかんぼばあさん」という作品がある。若返りの水を飲んで、イケメンになったおじいさんを見て、自分も若返りたいと、ガブガブト水を飲みすぎて、赤ん坊になってしまったおばあさんの話だ。

いつの時代でも、ずっと若くて、元気で在りたいと願うのが、人間の常であろう。だが、これだけ医学や科学が、発達した現代社会で、高齢で生き抜くということは、本当に大変なことなんや。しかも、高齢者の犯罪が、急増していると、新聞に書かれていた。

そうなんや。自分自身もこれから行く道やけど、本当の意味での、豊かな老後とは、なんぞや?と考えてみると、それは、やっぱり、あの、チャップリンの言葉が浮かんで来る。

夢と希望とサムマネー・・・生き甲斐と明日への保障と分相応なお金~これを求めることは、決してずうずうしいことではない。「今」を生きる私達が、一人ひとり保障されることは、こんなに高齢化するということを予想しなかったということを、百歩譲っても、認められる権利が在ると、うちは、想うのだ。

そんな生意気なことを考えながら、自分自身の生き甲斐とは、死ぬまで、学び続けることと、活動することだと、相変わらず、欲張りなことばかり考えているみかんであった。日々感謝!

                  byみかん

|

« マスクは、手放せない~         2012年11月20日 | トップページ | たこせんべいと「てるてる寄席」     2012年11月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクは、手放せない~         2012年11月20日 | トップページ | たこせんべいと「てるてる寄席」     2012年11月22日 »