« 明日は、全興寺で紙芝居どす~    2012年9月22日 | トップページ | キンチョウがいいんだわ?       2012年9月25日 »

全興寺はにんやかでした~      2012年9月23日

秋晴れの奥の奥まで晴れ渡った日曜日、うちは、昼食をしっかりと食べて、平野区にある、全興寺(せんこうじ)さんへ向かった。

先月はお休みさせていただいたので、なんか、久しぶりなので、とても、うきうきわくわく、どきどきしていた。ここで紙芝居を、子供達に演じることは、とても楽しいけれど、反対に、それだけ、プレッシャーみたいなのを、実感する場所だ。

何故なら、全興寺の紙芝居を観に来てくれる子供達は、非常にシビアであり、また、限りなく優しいからである。言い換えれば、等身大の自分自身と向き合う、とっても貴重な場所なのです。でも、逃げちゃあいけない。チャレンジあるのみ。

今日は、中国の民話「まほうのふで」と、言葉遊びの紙芝居「さよなら三角また来て四角」を演じさせて戴きました。どちらも、全興寺さんでは、初めての口演。もう、緊張しました・・・

冷や汗たらたら、ガマの油たら~り、たらたら~(なんでやねん!)ガマの油と言えば、本日は、流しの芸や、大道芸をされている、和民さん(有名な居酒屋さんとおんなじやなあ~)が、来られて、な、な、なんと!「黄金バット」の紙芝居を二回されたのですが、全く違うストーリーで演じられるという、凄い実演を魅せて戴き、勉強になりました。

世の中というのは、本当に広いですね。わたしゃほんとに運がいい~(今日、おばちるさんがされた紙芝居の題ですが・・・)紙芝居の実演が終わってから、全興寺さんのお隣のお茶屋さんで、おばちるさんと、和民さんと、それから、毎日文化センターで、うちの紙芝居の講座を受講してくださったN子さんと、うちの四人で、いろいろなお話をさせて戴きました。

ほんま、紙芝居を通じて、いろんな出逢いをさせて戴き、在りがたい限りです。全興寺御住職と、プロの紙芝居師である、鈴木常勝さんとが、始められたここ、全興寺さんの紙芝居で、老若男女が、いっぱい集まり、とても心地良い空間を築かれていることに、改めて感服致しております。

これも、鈴木さんと、川口御住職の、温かいけれども、その底には、紙芝居に対する突き上げる情熱が、そのエネルギーなのだと、実感しているみかんなのです。

結局、二時間近くもお茶屋さんで、四人で語り合い、N子さんと和民さんとも、お別れの挨拶をしてから、国道25号線の道端で、おばちるさんと、一時間以上も、お互いの紙芝居や自分達の夢を熱く語り合いました。既に、日はどっぷりと暮れ、辺りは暗くなっていましたが、うちらの情熱の灯は明るく照らし続けているように想われるのでした。日々感謝!

               byみかん    

|

« 明日は、全興寺で紙芝居どす~    2012年9月22日 | トップページ | キンチョウがいいんだわ?       2012年9月25日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は、全興寺で紙芝居どす~    2012年9月22日 | トップページ | キンチョウがいいんだわ?       2012年9月25日 »