« みかんの7月の予定          2012年7月3日 | トップページ | 大津の事件は、悲しすぎる・・・       2012年7月7日 »

シンプルイズベスト・・・       2012年7月5日

上本町の新歌舞伎座に、「男の花道」の芝居を観に行った。この劇場に入って、私は舞台を見て、驚いた。「どんちょうがない!どんちょう?」・・・しょうもない、だじゃれを言うている場合か・・・

緞帳(どんちょう)とは、お芝居の観る方なら、お判りだと思うが、そう、舞台の上におりている、立派な幕のことである。

そして、いよいよ、お芝居が始まって、私は、初めて納得した。このお芝居には、セット=つまり、大道具がないのだ。衝立や、細やかな道具を置き並べることで、その場面の設定が、為されている。

「そうか!無駄なものを全部削ぎ落として、最低必要限度のものを、揃えて、役者の演技で魅せるお芝居なのだ。つまり、これは、時代劇ではあるが、新しい試みが為された、現代劇と言っても、過言ではない。

物語は、中村福助演じる、女形の名役者、加賀屋歌右衛門と、失明の危機の彼を救った名医、中村梅雀演じる、土生玄碩との、男の絆を越えた、人間を信じることを謳った、有名なお話である。

私は、今回、このお芝居を観て、役者さん達の素晴らしい演技に魅了されながらも、その、舞台美術の、前衛的な趣に、とても、感動した。無駄を削ぎ落とすことが、如何に、難しいことかは、自分の生き方そのもので、充分、厭という程、解っている。

お芝居は、総ての総合芸術であることは、何時も、実感しているのだが、今回のこのお芝居を観て、なんか、今流行りの、「断捨離」に似ているなあと、ふと、思った。

捨てることの、選択することの、省くことの、整理することの、如何に、人生は、難しいことの連続か?だが、「人生に無駄なことなど、一つもない」と、誰かが、教えてくれた言葉を、思い起こし、「シンプルイズベスト」やけど、うちの人生は、そんな、かっこよく納まらんねえ~まだまだ、~ややこしや、ややこしや~のドタバタ人生街道を、まっしぐらに進むでござんすです・・・はい。

                     byみかん

|

« みかんの7月の予定          2012年7月3日 | トップページ | 大津の事件は、悲しすぎる・・・       2012年7月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みかんの7月の予定          2012年7月3日 | トップページ | 大津の事件は、悲しすぎる・・・       2012年7月7日 »