« 箕面紙芝居まつりを終えて・・・          2012年7月16日 | トップページ | みかんの願い                2012年7月21日 »

嗚呼、夏休み!           2012年7月20日

世のお母様方、遂にやって来ましたね。なが~い夏休みが・・・こんなこと言うたら、怒られるかもしれんけど、ほんまに、夏休みて、長いですよね。もう、一番困るのが、お昼ご飯!

一人だけやったら、昨日のカレーの残りとか、カップめんとかで、適当に済ませてたけれど、お子さんが、家に居ると、そういうわけには、いかん。

やっぱり、焼き飯作ろうとおもたら、それなりのご飯がないとでけへん。出来合いのお惣菜とか、コンビニ弁当で済まそうと思うものなら、ああ、恐ろしい。毎日のことやから、エンゲル係数の高いこと、高いこと・・・

おまけに、絶対、海とか、山とか、プールとかに連れて行かんと、気が済めへん。最悪でも、公民館のイベントとか、夏まつりには、連れていかんとあかん。

おまけに、宿題が、これまた、難儀や。ドリルの宿題は、自力でなんとかでけても、後、自由研究とか、読書感想文になると、もう、子どもの宿題か、親の宿題か、わかれへん。

恐怖の8月31日が近づいて来ると、親の方が、もう、顔が真っ青になってきよります。うちの、長女が、これまた、底抜けに母親に似て、要領が悪いと来るから、どうしょうもなかった。

あれは、忘れもしない。娘が小学校6年生の時の夏休み。最後に図画の宿題を残しよりまして、夏休み最後の日に、朝から、一日中部屋にこもって、絵の具で、絵を描かせていたのですが、何時までたっても、画用紙は、真っ白。こっちの頭が、真っ白になりました。

成長してから、娘が、ふと、私は、忘れてしまったのですが、黒電話の絵を描いて、私に見せたそうなのです。すると、私は、その黒電話の絵を見て、何故か、烈火の如く怒ったそうなのです。(全然記憶にない)

恐らく、あんだけ、長いことかけて描いた絵があ、黒電話一つだったので、若気の至りだったのでしょう・・・その、娘の手抜きと云うか、不器用さに腹を立てて、怒ったのでしょうね。娘の負の記憶に、今も、しっかりと、その私の怒った顔が、インプットされているのでしょう。今では、心から、反省していますです。はい。

とにかく、世のお母さん方、(お父さんも、お祖母ちゃんも、お祖父ちゃんも)この、なが~い夏休みですが、私が、偉そうなことを言えた義理は、ないのですが、思いっきり、子供さんと、触れ合う時間を出来るだけ、作ってあげてください。

何処か、電車に乗って、改まって出かけなくても、近所の公園に行って、一緒に蝉や、バッタを採りに行くだけでも、充分やと思います。

夜は夜で、庭やベランダで、線香花火をするのもいいでしょう。近所のスーパーに、一緒にお買い物に行くのも、素晴らしい夏休みの思い出になると想います。

娘の描いた絵に怒り狂った、反面母親が言うのもなんですが、子供達が、元気で、そして、愉快に、この夏休みを過ごし、良い思い出が、一つでも出来ることを、願っております。

何処も行く処がなかったら、図書館に行ってください。涼しいし、絵本や紙芝居が、ぎょうさんあります。子供達は、勝手に絵本や、紙芝居を引っ張り出して来て、見るでしょう。その間、お母さんは、好きな韓流のDVDでも借りて、家で、お子さんが休んでから、ゆっくり観て楽しんでください。

私は、相変わらず、仕事と、紙芝居の活動に明け暮れる毎日でしょう。この歳になって、やっと、自分の好きなことを思いっきりやらせて戴き、感謝、感謝の毎日です。いつも、ありがとうございます。

                     byみかん

|

« 箕面紙芝居まつりを終えて・・・          2012年7月16日 | トップページ | みかんの願い                2012年7月21日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箕面紙芝居まつりを終えて・・・          2012年7月16日 | トップページ | みかんの願い                2012年7月21日 »