« 孫バカみかん                2012年2月17日 | トップページ | がんばれ!母ちゃん !        2012年2月22日 »

地道にいこう!コツコツと           2012年2月21日

もう、2月も二十日を過ぎ、あっという間に、3月がやって来る。だが、まだ、寒さの厳しい日が続く。今日も、今日とて、寒さに負けじと、バイクに乗って、紙芝居を携え、生野区の南巽に在る、高齢者施設「グループホーム サンビック1号店」さんにお邪魔した。

ボランティア仲間の青空さつきさんと、待ち合わせをして、お昼過ぎ、サンビックさんに到着。控え室のお風呂の脱衣場に案内して頂き、青空さつきさんと簡単な打ち合わせをして、紙芝居の舞台のセッティングをした。

私は、少々、疲れ気味であったが、さつきさんが、手際よく用意をしてくださったので、助かった。開演時間間近になると、次々とお年寄りの方が来てくださった。皆さん、紙芝居を楽しみにしてくださっているようだ。がんばるぞ!

手遊びと歌も盛りいれて、紙芝居を私が二本、さつきさんが一本実演と云う内容だ。車椅子に乗って来られる方、杖をついてやって来る方、様々だ。人生の先輩方を前に、私は、やっぱり、緊張する。でも、皆さん、とても真剣に観てくださり、心から喜んでくださったようで、とても、嬉しい。さつきさんと私は、子育て支援の会で出逢い、それからずっと、十年以上、ご一緒に、平野や東住吉の地域の活動で、ご一緒させてもらっている。保育士さんだったさつきさんは、いろいろな手遊びを知っておられるので、いつも、私は、彼女に教えてもらっている。

特に、人気のあるのが、平野区のボランティアさんの間で伝わっている「いわしの開き」の手遊びだ。これは、何処へ行っても人気がある。手遊びは、子どもさん向けのものが、ほとんどだが、この「いわしの開き」は、大人の方でも、充分楽しめる。

ここ「サンビック」さんでも、とても、評判が良かった。(今日はしなかったが・・・)こうして、地域を拠点として、いろいろな処で、紙芝居の輪を、地道に広げていくことが出来ることが、何よりの喜びだ。これからも、地道にコツコツと、草の根運動で、紙芝居で、皆さんの笑顔が拡がっていくことを、心より願っている。

紙芝居は、大人も子供も、赤ちゃんも、全ての人に喜んでもらえる、コミュニケーション文化だ。明日は、田辺サロンで、赤ちゃんとお母さん方に、紙芝居を楽しんでもらうように、顔晴るぞ!オ~

~今日のプログラム~

    始まりの口上     青空みかん

「とのさまからもらったごほうび」 青空みかん

「おだんごころころ」 青空さつき

手遊び 「むすんでひらいて」 青空さつき

「雪わたり」 青空みかん

歌 「春がきた」 歌・さつき  ハーモニカ・みかん

    終わりの口上   青空みかん

|

« 孫バカみかん                2012年2月17日 | トップページ | がんばれ!母ちゃん !        2012年2月22日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。