« マイペースで行こう!           2012年1月17日 | トップページ | みかん、鍼の効果は如何に?           2012年1月20日 »

ザ・タイガースは永遠に不滅です!   2012年1月18日

皆さんは、グループサウンズと云う言葉を、知っておられますか?そう、あの、沢田研二がボーカルをしていた、ザ、タイガースと云うグループが、全盛を誇っていた時代が、あったのです。「ジュリー~」と云う、若い女の子達の黄色い声が、もう、かき消されるくらい、みんな、熱くヒーバーしていました。

今日のNHKの番組で、その、ザ・タイガースのジュリーと、サリーとタローと、そして、解散してから、絶対に、顔を見せなかった、ピーの4人が、勢揃いして、あの、ザ・タイガースが、復活したのです。

一番嬉しかったのは、タイガースを解散してから、猛勉強をして、学校の先生になっていたと訊かされていたピー異、瞳みのるさんが、本当に活き活きと、ドラムを叩いている姿を見る事が出来たことです。(ほんま、絶対に、出来ないと思い続けていたので・・・)

そして4人で、トークをして、リーダーだった、サリー異(岸部一徳さん)が、「60歳を越えたからこそ、再び一緒に、音楽をやろうという気持ちになったね。」と、おっしゃった言葉が、印象に残っていた。

タロー異森本太郎さんは、「本当に、心から音楽を楽しむことが、今、出来るね。」と、笑顔で言った。でも、ジュリーは、少し、うつむいて、「でも、ぼくは、まだ、加橋かつみや、岸部史郎にも、絶対、戻ってきてもらって、みんなで、歌いたい。」と、つぶやいた。

そうなんや、6人揃って、ザ・タイガースは、成り立つのや。仲間のことを、こんなにも想う、60歳を越えた、おじさん?(失礼)達が、40年の長い歳月を越えて、今、もう一度、一つになりたいと願う気持ちに、うちは、凄く共感した。

タイガースは、永遠に不滅や。うちらの青春時代は、タイガースと共に、始まったんや。あの頃は、まだ、小学生から、中学生の頃やから、コンサートなんて行くなんて、とても、在り得なかったけんど、今、こうして、再び、タイガーズの演奏と、ジュリーのボーカルの曲を聴いていると、なんだか、時が、止まったみたいで、みんな、あの頃より、少し背が縮んだり、お腹が出てたり、頭に白いものが目立つけど、それをつき抜けた、「青春」が在る。 

うちは、テレビの前で、正座をして、じっと、彼らの音楽に、聞き入っていた。時代は変わるが、音楽は普遍なんや。今こそ、私達は、時代を貫く普遍的な文化や、芸術を大切にして、その心を繋いでいくことが、大切なんや。それが、人々に、生きる力の糧になると思う。

どんなに、時が経とうとも、私は、信じる。不滅の精神は、光り輝く星のように、みんなの空の上に輝いているのだ。ジュリー~byみかん

~今日の教訓歌~

めぐりくる 因果に遅き 早きあり

桃栗三年 柿八年

「めぐってくる因果には、遅いとか早いという違いがある。桃と栗は苗を植えてから三年で実がなるが、桃は八年かかる。いずれにしても何ごとも成果が出るまでには年月がかかるものだ。」

|

« マイペースで行こう!           2012年1月17日 | トップページ | みかん、鍼の効果は如何に?           2012年1月20日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。