« 雨あがりの日曜日の車中で・・・       2011年11月6日 | トップページ | みかんの紙芝居の原点             2011年11月8日 »

うちらは、今を生きていくんや!       2011年11月7日

何時からこんな、閉塞感に満ちた、先行きの見えない不安な時代になってしまったんだろう?将来に希望が持てない若者や子供達、孤立し、自分に自信が持てず、相談する友も居ない孤独な人々よ、それでも、うちらは、「今」という時代を生きていかなければならない。

何が本当で、何が偽りなのか判らない、不確かな世の中を、必死で歯をくいしばって生きている人々よ、それでも、信じようよ。人間同士、助け合い、信じあうことの大切さを・・・

生きていくちゅうことは、大変なことやけれど、だからこそ、値打ちがあるんや。それだから尚、共に生きていくことの大切さを、再確認していくことが、今こそ問われているのでは、ないだろうか?

次代を担う子供達に、しっかりとバトンを手渡す為にも、私達大人が、明日を信じて、今、この一瞬、一瞬を丁寧に、前を向いて生きていくことが、明日への扉をたたくことになるのだと想う。

生意気かもしれんけど、私達大人が、希望というものを信じ、持ち続け、前を向いて生きていく姿を、子供達は、その背中を見て、大人になることも、悪くはないなあ。生きていくことは、しんどいけれど、明るい未来が待っているんやと、思ってもらえるように、そして、誰もが幸福になれる権利があることを、確かめながら、生きていこう。

青臭いと思われてもええ。そんなん、理想やと馬鹿にされてもええ。うちらは、子供達に、幸せな未来を提供する義務が在る。

何故なら、うちらは、縁あって「今」という時代を、共に生きているのだから、やっぱあ、まずは、うちら自身が幸せになることを、どんな時でも助け合って、笑顔で生きていくことを、行動で示してしていくことが、明日の未来を築くことだと、気付いていこう。いついつまでも・・・

                  byみかん

|

« 雨あがりの日曜日の車中で・・・       2011年11月6日 | トップページ | みかんの紙芝居の原点             2011年11月8日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨あがりの日曜日の車中で・・・       2011年11月6日 | トップページ | みかんの紙芝居の原点             2011年11月8日 »