« 徒然(つれづれ)蜜柑             2011年11月18日 | トップページ | 過去は変えられる!           2011年11月22日 »

どしゃぶりの雨にも負けず・・・        2011年11月21日

先週の19日の土曜日、長居植物園で、紙芝居をすることになっていた。だが、生憎、朝からどしゃぶりの雨・・・「もう、こんな凄い雨降ってたら、絶対に中止やわ」と自分で、勝手に思い込み、一緒に行くはずの人達に、中止の連絡を入れた。

ところが、ところがです。な、なんと、このイベントの橋渡し役をされている、「アクションプラン東住吉」の会長さんから、お電話を戴き、「屋内で、お昼から、紙芝居をやってもらえませんか?」とのこと。「え~っ、ショック!」私は耳を疑った。「だって、だって、外は、こんな、えげつない雨が降っているのに、果たして、お客さんが、観に来られるのでしょうか?」

とにかく、車でお迎えに来てくださるとのこと。私は、慌てて、従兄弟に電話して、マジックを一緒にして欲しいと願い出た。従兄弟には、申し訳ないが、他の方々には、こんなどしゃぶりの雨ン中を来てもらうのは、忍びない。(健志君ゴメンね!)

正直、もう、お休みモードの私は、まだ、布団の中で、パジャマでお邪魔姿であったが、すわっ!一大事と、飛び起きて、支度をし始めた。紙芝居だって、まだ、どれをやるか決めていなかったから、もう、手当たりしだいに、引っ張り出して来て、あれでもない。っこれでもないと、選びたおした。

結局、「ごきげんのわるいコックさん」と「へっこきよめ」と「まんまるまんまたんたかたん」の三つにしぼった。他にも3作品ほど持って行き、お迎えの車に乗って、長居植物園へ。途中、近鉄、今川駅で、従兄弟と、彼の同僚の友人の方を乗せてもらい、私達は、長居植物園に着いた。

もう、雨は、最大ピークに降りまくり、ほんまに、お客さんはおられるのかと、不安ではあったが、長居植物園のフラワーセンターの中には、家族連れのお子さんを連れた、方々が、大勢きておられた。

センターの中の「ひふみホール」と云う処で、午後2時から紙芝居の実演と、従兄弟のマジックショーをさせて戴いた。観客の子供達や、大人の方々も、みんな、いい雰囲気で、楽しんで戴けたような気がする。

実演が終わってから、従兄弟の健志君と、感想を意見交換仕合ったが、彼もお客さんの反応の手応えを実感できたとのこと。とにかく、よかった、よかった・・・

帰りも、また、車で自宅の玄関まで送って戴き、私は、ほっとして、その後、家に入り、もう、完璧に眠りこけてしまった。緊張と疲れが、たまっていたのであろう・・・

外は、もう、雨もあがっているようであった。今回のことで、私は、こんな雨が降っていても、紙芝居をさせて戴けることは、本当に有り難いことであると、心から感謝した。しんどかったけれど、観客の方にも楽しんで戴き、自分自身も楽しく演じさせて戴けた。

また、従兄弟のマジックも見せてもらい、野外でさせて戴くのとは、また違った趣で、彼も、実に満ちたりた気持ちで、手品を披露出来たようで、何よりである。

うちは、紙芝居を、これからも、ずっと、地道に、活動を続けさせて戴くことで、みんなが、笑顔で、明るい気持ちになれたら、こんな、嬉しいことはない。雨の日だからこそ、やらせていただいて、悪天候の中を来て良かったと、思って戴けたら、本望である。

最後になりましたが、どしゃぶりの雨の中を、迎えに来てくださった、多田係長さん、金田さん、ありがとうございます。長居植物園の職員の皆様、お世話になり、ありがとうございます。橋渡ししてくださって、アクションプランの松多会長さん、ハラハラして、何度もお電話して、気に懸けてくださって、ありがとうございます。

                 byみかん

|

« 徒然(つれづれ)蜜柑             2011年11月18日 | トップページ | 過去は変えられる!           2011年11月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徒然(つれづれ)蜜柑             2011年11月18日 | トップページ | 過去は変えられる!           2011年11月22日 »