« 私にできること                2011年9月8日 | トップページ | ドラマ「砂の器」を観て・・・             2011年9月11日 »

喜劇「笑天下」(わろてんか)のお知らせ    2011年9月9日

本日、弁天町市民学習センターへ、久しぶりに、笑天下の講座を受けに行き申した。そう、紙芝居に活かすべく、笑いの勉強をするぞと志して、85歳の母ちゃんも巻き込み、果敢?に立ち向かった、吉本新喜劇のような台本で、素人の俳優陣?が、丁々発止と、とびまわり、熱演致します。

うちも、演(や)らせて戴きます。舞台に立たせてもらいます。うちの役は、九州の大金持ちのおぼっちゃまを、大阪まで追いかけて来た、原(腹とちゃいまっせ)の役です。どんな芝居かですって?それは、本番に来て戴いてのお楽しみで~す!みなさん、是非起こしやす~(でたー、京都弁)因みに、私の芸名は、高校時代のあだ名「ローズフミコ」です!

本番 10月2日(日) 15時30分開演 (14時30分開場だじょう~)

大阪市立弁天町市民学習センター内講堂(地下鉄・JR弁天町駅下車)

木戸銭 無料 (先着120名様)

~弁天喜劇発表公演~

「嗚呼、港の風が目にしみる 弁天汽船物語その壱」

監督・脚本  砂川一茂 (長嶋一茂監督とちがうで~)

出演・ わろてんか2期生(わろてんかオールスターズ)せやから、野球とちゃうちゅうに!

詳細や、キャスト等は、チラシ等を御覧下さいませ。(各大阪市民学習センター等に設置)

それでは、どんな、お芝居になりますことやら、それは、演じているキャストの方々にも判らんようで、監督の砂川先生も、頭を抱えておられることと思いますが、素人集団のドタバタ喜劇となりますか、それとも、吉本興業もびっくり仰天、瓢箪から駒の素晴らしい、松竹新喜劇の再来(ありえへん?)となりますか、それは、本番の日のお楽しみ・・・ああ。ドキドキ、ハラハラ

                  byみかん

|

« 私にできること                2011年9月8日 | トップページ | ドラマ「砂の器」を観て・・・             2011年9月11日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。