« 気の早い台風がやって来る!         2011年5月28日 | トップページ | 青空みかんの名前の由来         2011年5月30日 »

雨二モマケズ風ニモマケズ・・・      2011年5月29日

宮澤賢治の有名な詩の言葉程、大そうなことではないけんど、台風2号の迫り来る中を、紙芝居の舞台と紙芝居数作品と、拍子木とハーモニカなどを、大きな袋に入れて、傘を差し、長靴と雨ガッパを着るという、完全防備の状態で、一路、万博記念公園の中に在る、「水の館」へと、辿り着いた。(その道のりの長く感じたこと)

共生共走マラソンは、予定通り、大雨の中で、決行された。野外の大きなテントの屋根の下のステージでも、実演が、既に始まっていた。そして、ランナーの人々が、ずぶ濡れになって、走っておられた。

この共生共走マラソンは、今年で18回目になるイベントで、しょうがいの在る方も、そうでない方も、共に、楽しく歩んでいこうという、コンセプトで、大阪は平野区にある、マッサクグループの方が、主催されている。

この、マッサクグループの主催者、松場作冶さんも、自ら、車椅子のお方ですが、とっても熱い志を持っておられ、その実現の為に、車椅子で、当日も会場を、所狭しと東奔西走されておられる。

ひょっとしたら、平成の宮澤賢治なのかもしれない。へたれの私には、到底、できっこない事を、成し遂げられようとされているのだ。

とにかく、無事に本部席の隣を、松場さんが、場所を開けてくださり、無事に、会場に来られている子供さん達に、紙芝居を、存分に楽しんでもらえたのではないかと、想う。また、私自身も、楽しんで、紙芝居の実演をさせて戴けた。

外は、大荒れのお天気であったが、雨にも負けず、風にもまけず、イベントに参加された、全ての方が、共に生きていくことの喜びを、実感出来た「水の館」での、時間であった。

                byみかん

|

« 気の早い台風がやって来る!         2011年5月28日 | トップページ | 青空みかんの名前の由来         2011年5月30日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。