« 四月のみかんの予定(後半)アゲイン     2011年4月16日 | トップページ | 最近、映画を見とりません。          2011年4月18日 »

日曜日はドラマが、おもしろい!         2011年4月17日

日曜日の夜、NHKの還流ドラマ「イ・ヨン」が、始まった。先週は、選挙で、お休みだったので、今日が、第二回目だ。このドラマの一番の面白い処は、なんと言っても、子役の俳優達の名演技に在る。

特に、世継ぎの王子様の役をしている子役の俳優が、素晴らしい。そして、三人の子役さん達のチームワークの演技も絶妙である。もう、はらはらどきどきで、そして、時には、可笑しくて笑ってしまうシーンもある。

ドラマでは、三人居ると、必ずと言っていいほど、三枚目の役が登場する。それで、緊張と弛緩のバランスで、笑いやユーモアが、表現出来るのだ。

このドラマでは、米びつの中に投獄された父親の無実を信じて、その無実を証明する絵を国王に見てもらう為に、自分の危険を顧みず、イ・サンが、女官見習いの女の子と、お城を抜け出して、冒険するのが、今日のドラマの内容だった。

韓流ドラマが、何故おもしろいのか?それは、今の日本のドラマには、少なくなって来た、愛と勇気と冒険の要素が込められているからだ。

だが、今日から始まった、大沢たかお主演のドラマ「仁」も、見逃せない。江戸時代にタイムスリップした、若い医師が、坂本龍馬や、西郷隆盛と出会うという、奇想天外な設定が、これまた、面白い。

自分の人生自体が、ドラマチックでは、決してないのだが何故か、共感してしまうみかんであった。幸せは居場所ではなく、ふと、立ち止まる時に感じるものなのかも知れない・・・なんか、今日は、やけに哲学的やなあ~て、そんなわけないっか!

                  byみかん

|

« 四月のみかんの予定(後半)アゲイン     2011年4月16日 | トップページ | 最近、映画を見とりません。          2011年4月18日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。