« 何故だ!                   2011年3月16日 | トップページ | 少しずつだが動き出した・・・          2011年3月19日     »

みんな、疲れてるんや!           2011年3月18日

震災に遭われ、避難されている方々に、心からお見舞い申し上げます。三月というのに、震災地では、極寒の気候の上、暖をとる燃料等が不足し、みなさん、寒さの為に、お身体の不調を訴える方が、後を絶たず、本当に、身の切られるような思いでおります。

そんな、大変な震災に遭わなかった私達も、毎日、テレビや新聞で報道されてくるニュースを見ては、何故か、どうしょうもない閉塞感に襲われ、正直、精神的に疲れて来ているのは、確かだ。直接、被害に遭われた方のことを思えば、雲泥の差では、あるが、日本国中の人々が、連日流れて来る、ニュースに心を傷めていることは、確かだ。

かく云う私も、今日、職場の運動場で、転倒し、厭と云うほど、腰を打った。傍に居た、一年生の児童が、「だいじょうぶ?」と声を掛けてくれなかったら、起き上がれなかったかも知れない。あまりの痛さに、保健室で休ませて戴き、勤務時間を終えて、真っ直ぐ、何時も通っている鍼灸院に飛び込んだ。

先生が、「今日は、皆さん転倒続きで、大変でした。」とおっしゃった。私は、「みんな、疲れているのだ・・・」金曜日の、ほっとした気持ちのゆるみと、震災のニュースを観て、精神的にも、肉体的にも、限界を超え、病院にベッドで、アイシング(幹部を冷やすこと)をして、まずは、手当てをして戴いた。

お陰様で、私の怪我は、処置が早かったのと、安静にしていたのが、効を走したのか、大事には、いたらかなかったようで、」だいぶ痛みの方も、休んだ。

「みんな、疲れてるンや!」先行きの見えない不安ほど、心細いことはない。今こそ、みんな、一致団結して、どうか、この苦境を乗り越えてください。なんの、お役にも立てない私が申し上げるのは、憚りますが、心よえい、皆はし」の、一日で早い、復興をお祈り申し上げます。

                     byみかん

|

« 何故だ!                   2011年3月16日 | トップページ | 少しずつだが動き出した・・・          2011年3月19日     »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。