« みんな、疲れてるんや!           2011年3月18日 | トップページ | 家康の故郷を訪ねて・・・         2011年3月22日 »

少しずつだが動き出した・・・          2011年3月19日    

テレビのニュースを観ると、少しずつではあるが、物資が、被災者の方々の所へ、運ばれているようである。また、あの、おぞましい、原発に苦しめられて、監獄のように閉じ込められた、福島の人々が、移動させてもらえているようでもある。

だが、まだまだ、おびただしい行方不明の方々の捜索や、孤立状態で、助けを求めておられる方々が大勢おられる。そして、原発の風評被害に遭われて、全く、物資も届かず、救いの手も差し延べられていない、いわき市の方の悲痛な声が、私の心にも届いた。

避難所に居る子供達の、心のケアも大切だ。ボランティアの受付が、始まったという報道も、あった。子供達だけではなく、お年寄りや、病気の方々、全ての方が、不安な気持ちで、毎日を過ごしておられる。

今の私に出来ることは、この方達の気持ちに寄り添い、そして、冷静に、報道を見守り、僅かな金額ではあるが、義援金の募金箱にお金を入れることぐらいだ。だが、ひとりでも、多くの方々が、希望の有る生活を送り、子供達の笑顔を取り戻すことが、なんとか出来ないものか、そんなことばかり考えて、いかんともせん、私は、昨日は、職場で、今日は自転車に乗っていて、二日続けて、転んでしまい、思いっきり、腰と、膝ぼんを打ってしまった。

幸い、骨と頭は大丈夫だったので、こうして、このブログを更新させていただくことが出来ることを、有り難く思っている。考えてみたら、今までだって、何度も死にそうになったことがあるが、お陰様で、こうして、生かされていることが、本当に奇跡のように思われることが、ある。まだまだ、やらなあかん、宿題があるようで、「ちゃんと生きや!」と、神様、仏様から、背中を押されているのかも?

今回の地震で、生死を彷徨い、命を救われた方々、まだ、ご家族の行方が判らない状況の人も、大勢おられることと思います。そんな、状況の中で、着の身着のままで、本当にお辛いと、お察し致します。被災された方と、全くおんなじ気持ちには、なれませんが、日本中の人々、いや、世界中の人々が、皆さんのお気持ちに寄り添い、少しでも、今日よりも明日と云う日が、希望の持つことが出来るように、お役に立てたらと、思っておられると、信じてください。

私は、紙芝居しか、出来ませんが、紙芝居をみんなで、観ることで、少しでも、心が和まれることが出来るのなら、こんな嬉しいことはございません。

日本中に、共感の輪が広がっていってもらえるように、少しずつですが、努めていきたいと、想います。一日も早く、温かい春が、北国にも、訪れることを願っております。

                    byみかん

|

« みんな、疲れてるんや!           2011年3月18日 | トップページ | 家康の故郷を訪ねて・・・         2011年3月22日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。