« 「心に太陽を持て」             2011年1月22日 | トップページ | みかんの水間観音参り          2011年1月24日 »

全興寺は寒かった!            2011年1月23日

毎月第四日曜日の午後2時と3時に、私は、大阪市平野区の全興寺(せんこうじ)さんというお寺で、紙芝居の修行をさせてもらっている。

今日も、朝からええお天気だったので、少し、油断して、薄着の上にコートを着て行った。何時もなら、もう、お寺に着いたら、紙芝居の舞台を積んだ自転車が、境内の水掛不動尊さんの前の楠木の下に置かれていて、鈴木常勝さんと、御住職がおられるのに、今日は、なんだか、いつもと様子が違う。

自転車は、境内のおもちゃ博物館の前に置いてあって、いつもの場所に行くと、ベンチに、これまた、最近、紙芝居を一緒に演じられる、おばちるさんが、ポツンと不安そうに座っておられた。うちは、「今日は、御住職は休みかも!」と、とっさに、その考えが浮かんだ。

慌てて、おも路地の駄菓子を販売されている、御住職の奥様の所へ行って、お尋ねしたら、「今日はお葬式があって、えらい、すんません・・・」と、おっしゃった。そうか、鈴木さんがまだ、来られていないけど、遅れてこられるのだろう。私は、とにかく、自転車を、何時もの場所に移動さそう!と、決意し、おばちるさんに、うちの荷物を持ってもらい、自転車を動かした。

正直言って、こんな貴重な自転車を、自分が、勝手に動かしていいのだろうかと、少し迷ったが、そんなことは、言っていられない。もうすぐ、2時になる。紙芝居を楽しみにして待ってくれている子供達が居るのだから。

おばちるさんと二人で、こわごわ、自転車を所定の場所に置き、引き出しの中に、水飴とおせんべいが入っているのを確かめ、紙芝居の舞台を立てかけた。

すると、もう、子供達や、大人の人も次々と、集まって来られた。うちは、あわてて、着替えをして、とにかく、少しでも準備を進めておこうと、一月の寒い中を、あれよあれよと、大勢の人が集まって来られた。「わあ、もう、じぶんらで始めなあかんのかなあ」と、腹をくくっているところへ、やっと、鈴木さんが来られた。うちは、ほっとして、「ああ、よかった~」と心の中でつぶやいた。

御住職がお休みいうことで、私は、二つ、紙芝居を演じさせて戴いた。「るるのおうち」と「もみもみおいしゃさん」をした。おばちるさんは、自分で創られた紙芝居を演じられた。鈴木さんは、昔の街頭紙芝居の大作「雪の花?」という、因縁物の紙芝居を流暢な語り口で演じられた。

そして、何時もの御住職の「おやじギャグクイズ」が出来ないので、おばちるさんの「きつねのなきいろ」のなぞなぞを題材にした昔話と、鈴木さんが歌あてクイズをされた。

3時からも、これまた、二つさせてもらえた。「おやつのじかんだよ」と「三つのねがい」だ。今日は、本当は「るるのおうち」と「三つのねがい」を演らせていただくつもりだったのだが、何故か、余分に紙芝居を持って来て、正解だった。

3時の紙芝居は、2時の時と較べて、お客さんは、少なかったが、それでも、いつものこの時期にしては、それなりの観客の方がおられた。子供達も、みんな、真剣な眼差しで、観てくれている。

だが、だんだんと時間が経つと、寒さというか、身体が冷えて来て、二つ目の作品「三つのねがい」で、一番の山の、おじいさんの鼻にソーセージがぶらさがる場面で、咳が出て苦しくなってくるのを我慢して、演じるのがしんどかった。でも、なんとか、最後まで演じきることが出来、やれやれ・・・

紙芝居を演じた後、もう、我慢できなくなり、コートをはおり、マフラーを首に巻いて、水飴を、子供達に作った。クイズに当たると、水飴の引き換え券がもらえるのだ。

ようやく、紙芝居が終わり、水飴の引き換えも済んだ頃、御住職が、顔を出された。きっと、さぞかし、おやじギャグクイズをされたかったことだろう。

うちは、図書館に寄るので、皆さんとお別れをして、御住職の奥様に、ご挨拶をして、一路、平野図書館に向かった。もう、身体が冷え冷えで、カチコチに凍りそうで、あったかいコーヒーが飲みたかったが、図書館が閉館になるといけないので、真面目に、寄り道せんと、直行した。そして、予約していた「たつのこたろう」の紙芝居と、他にも、3つほど、紙芝居を選らんで借りて帰った。

来月の2月は、もっと、冷えるかなあ・・・でも、風邪をひかんようにして、また、子供達に喜んでもらえるように、練習するぞ!と、紙芝居のことになると、ほんまに日常のことをわすれてしまう、みかんであった。父ちゃんごめん!お線香の火、絶やしてしもて・・・

                   byみかん

|

« 「心に太陽を持て」             2011年1月22日 | トップページ | みかんの水間観音参り          2011年1月24日 »

コメント

青空みかん 様

昔ながらの紙芝居をお寺でなさっていらっしゃるんですね!!!
懐かしく、子供の頃を思い出しました。
おじいちゃんから5円貰って駄菓子を食べながら紙芝居を見た、もう遠い昔です。

まだまだ寒い日があると思います。油断しませんように、ご自愛ください。
ブレーメン

投稿: ブレーメン | 2011年1月26日 (水) 01時39分

ブレーメンさん、こんにちは!ぺープサートの資料を送ってくださり、本当にありがとうございます!凄く嬉しいです。日本の立ち絵の写真を拝見して、まさしく、私が横浜歴史博物館で観たお芝居とおんなじだったので、感動しました。ご家族でぺープサートの公演をされているとのこと、是非、拝見出来たらなんて、夢みたいなことを考えています。
ドイツも寒い気候のようなので、どうか、風邪など召されないように、ご自愛くださいね。ご家族の皆様に宜しくお伝えください。
こちらの資料、送りたいのですが、もう少しお待ち戴くこと、お赦し願います。
いつも、ありがとうございます!
                       みかん

投稿: | 2011年1月26日 (水) 21時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「心に太陽を持て」             2011年1月22日 | トップページ | みかんの水間観音参り          2011年1月24日 »