« 我が恩師大河満子次先生            2010年12月10日 | トップページ | キッズプラザにおこしやす            2010年12月12日 »

寒くはないが、年末ですね!        2010年12月11日

全く、娘の家に電話すると、話が出来ない。何故かというと、電話口で、ワーワーワーと、こわれスピーカーのような、雑音(ごめん)孫の声が、響いてくるのだ。

だから、メールしようとおもうのやけれど、その雑音が、私の耳にとって、なんとも言えない心地良い響きなのだ。なんや、孫の自慢話かと、不愉快に思われる方、お赦しください。

せやけど、なんでんなあ、私、最近、わりとおとなしくしてるんですけど、そんな時、本でも読もうかという気持ちにもならず、考えるのは、この国の行く末ばかりなんです。孫が成人した頃に、この国は、一体どうなっているのかと、すんごく不安に感じるのです。

娘達が赤ちゃんの頃の私は、そんな不安を感じなかった。皆さんはどうですか?話は、ころっと変わりますが、私は子供の頃から、寒いのが苦手で、12月にもなって、木枯らしが吹き、クリスマスや、お正月が来るのは、楽しみやけど、この寒さが、まだまだ続くというのが、すっごく厭でした。特に朝、起きて、パジャマから、洋服に着替える時に感じる、冷たさは、もう、耐えられませんでした。

せやけど、今は、どうですか?そんなに寒さを感じないのです。大人になって、感覚が鈍くなってきたのか、それとも、凍てつくような寒い気候ではないのか、定かではないのですが、寒くて、ブルブルと震えることが、少なくなってきたようにおもいます。

そろそろ年賀状を書こうかという季節、街では、ジングルベルの音楽が聞こえてくるのに、何故か、年末という季節感が、実感出来ない自分が、不思議です。

やはり、地球温暖化は、確実に進んで来ているのでしょうか?昔は大阪でも、氷が張ったり、雪がちらついていましたが、今は、さっぱりですわ。そのくせ、いっちょまえに、風邪だけは、しっかり、ひくのは、どういうことでっしゃろ?

季節感がなくなると、なんか、人間も一定のリズムみたいなんが、狂ってくるみたいで、頭もぼーっとしてきます。(もともとですけんど)

なんや、ほんまにしょうもない作文になり、申し訳ありません。有り難いことに、こんなブログを懲りずに続けさせて戴いていると、いろいろな講評や、ご希望みたいな声も、聞かせてくださいます。どうぞ、忌憚のないご意見を、どんどん、お申し出ください。

明日は、扇町公園にある、キッズプラザさんに参ります。ボランティアさんの紙芝居のグループが出来て、3年目。ずっとお付き合いさせて戴いております。

来年の2月の紙芝居のお話会の練習と、プログラムを決めて、子どもさんや、親御さん達に観て戴き、喜んでもらえたら、嬉しいです。私は、実演できませんが、皆さん、とってもパワフルな方ばかりです。乞う、ご期待くださいね。

                      byみかん

|

« 我が恩師大河満子次先生            2010年12月10日 | トップページ | キッズプラザにおこしやす            2010年12月12日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。