« みかん、映画「最後の忠臣蔵」を観る     2010年12月18日 | トップページ | みかんの祝日               2010年12月23日 »

紙芝居は楽しいで~           2010年12月22日

今日は、西九条小学校で、「人と人とを結ぶ紙芝居講座」の日だ。雨も上がり、晴れ渡った空の下、私は、西九条小学校へと向かった。今日の紙芝居講座の内容は、主催のN先生のご要望で、とにかく、楽しい、ほっこりとした紙芝居を演じて欲しいとのこと。

私は、そのことを、予めお伺いしていたので、またまた、前日から、練習台になっている母の前で、紙芝居の稽古に励んだ。うちの母ちゃんも、えらい迷惑やと思うわ。毎回、おんなじ紙芝居を、何べんも聞かされて・・・母ちゃん曰く、「あんた、もうちょっと他にも、ええ紙芝居を探しておいで、もう、何回も聞き飽きたわ!」と、まあ、こんな具合に、ぼやかれつつも、母は、辛抱して、まいど、おんなじ紙芝居を観てくれているから、ほんまに有り難い。

今日の紙芝居は「へっこきよめ」と「ねずみのすもう」と「きつねのなきいろ」昔話のオンパレードだ。昔話は、やっぱり、ほのぼのとしていて、嫌味が無く、誰が観ても、楽しいお話が多い。特に、うちは、「へっこきよめ」が大好きだ。凄まじいおならをする可愛いお嫁さんが、おならの力で、風で倒れた大木を元通りにしたり、岸に乗り上げた、米俵を一杯積んだ舟を動かしたりして、人々の役に立つ。

ひどいおならをするので、里へ帰されそうになったお嫁さんは、その手柄で、無事に元の嫁ぎ先に戻ることが出来て、じょうずに「への力」で、お姑さんと、だんなさんと三人仲良く、幸せに暮らしたというお話だ。

今日は、学期末と云うことで先生方もお忙しかったようで、出席された方は、前回より少なかったが、それでも、遅れてきてくださった先生方も、熱心に、しかも、紙芝居を楽しく観たり、演じたりしてくださった。

とにかく、この講座では、出来るだけ多くの紙芝居に触れていただき、紙芝居の醍醐味を味わって戴き、学校の現場で、子供達に紙芝居をやってみよう!と、思ってくださることが、私の一番の喜びだ。

絵本もいいけど、紙芝居は、子供達の反応を、肌で実感出来るところが、凄く楽しい。私も、微力ながら、この、月に一度の講座を、実の在るものにする、お手伝いをさせて戴き、大阪の街が、笑顔溢れる街になって、先生も子供達も、活き活きとした、学校生活を送ってくれることを、願っているみかんであった。

                       byみかん

|

« みかん、映画「最後の忠臣蔵」を観る     2010年12月18日 | トップページ | みかんの祝日               2010年12月23日 »

コメント

私も年初めに面白い話をと「へっこきよめさま」をする予定でしたが、新入生には第一回目となる4月に延期しました。来月は節分前になるので鬼にちなんだ話もいいかと思い「うみにしずんだおに」にします。みかんさんがブログで紹介してくださる紙芝居で知らない作品はチェックさせてもらっていますありがとうございますm(__)m年末お忙しいでしようが、風邪とケガと腰に気を付けてどうぞ良いお年をお迎え下さい


投稿: いそちゃん | 2010年12月24日 (金) 06時08分

いそちゃんさん、こんにちは!「へっこきよめさま」の紙芝居は、とっても、ユーモアがあって、面白いですよね。
「海にしずんだおに」は、ちょっと、切ないお話ですが、こんな素晴らしいおにも居るのだということを、どうぞ、生徒さんにお伝えしてください。
私も、中学校の生徒さんに、紙芝居を観てもらいたくて、今、地域の中学で、学習ボランティアとして、行かせてもらい、がんばっています。紙芝居を観てもらう機会が、何時か来ることを信じて、地道にやらせてもらいます。
これからも、出来るだけお役に立てるように、いろいろな紙芝居を紹介させて戴きます。参考になれば、嬉しいです。
何時も、書き込みを戴き、ありがとうございます。
お身体を大切に、良いお年をお迎え下さいね。
                    みかん

投稿: | 2010年12月25日 (土) 01時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« みかん、映画「最後の忠臣蔵」を観る     2010年12月18日 | トップページ | みかんの祝日               2010年12月23日 »