« みかんの贅沢な一日             2010年11月28日 | トップページ | 12月のみかんの予定            2010年12月2日 »

人と人とを結ぶ紙芝居実践講座         2010年11月30日

夕方、大阪市立西九条小学校の図書室で、学校の先生方や、教育関係者の方々と、紙芝居の勉強会をさせて戴いた。九月から、月に一度、こちらの学校で、人権教育推進の研修を司っておられる、N先生の計らいで、この講座を為されることになった。

私も、ずっと教育の現場で、学校の先生方が紙芝居を活用してくださることを願っていたので、そのお手伝いをさせて戴くことが出来、本当に嬉しい限りである。

午前中は、高速を往復して、母と一緒に、父の入院する病院に行き、久しぶりの父の痩せた姿を見て、母を残して、一人になった帰りの車の中で、「おとうちゃん、ごめんなー、お父ちゃん、かんにんしてー」と、大声で叫んで、号泣したら、何故か自分の心の整理をすることが出来、自宅に戻ると紙芝居を携えて、電車に飛び乗って、環状線の西九条駅に着いて、約束の時間にぎりぎり間に合って、小学校の正門に辿り着いた。

N先生に、あったかいコーヒーをご馳走になり、教育センターの先生と一緒に、図書室に上がった。部屋に入ると、紙芝居が並べられていて、後は、紙芝居のスタンドに舞台をセットするだけになっていた。さすがに、用意周到整い、私は、自分の持ってきた紙芝居を袋から取り出した。今日のテーマは、平和紙芝居だ。

講座が始まると、私は、まず、国策紙芝居を実演し、平和紙芝居との違いを実感していただいた。その後、松井エイコさんの「二度と」の紙芝居を実演させて戴いた。

テーマが重いので、演じ方というよりは、まずは、紙芝居を実演させて戴くことに徹し、平和紙芝居の意義を、各々の先生方が、ご自身で持ち帰って戴けたら幸いである。

次に、「おかあさんのうた」の紙芝居を、この作品の主人公である、紙芝居実演家の、田中和子さんのお話を取材された、Sさんが実演された。やっぱり、歌声がすばらしかった。

最後に、私が無理を言って、「のばら」を実演させて戴いた。他の平和紙芝居は、みんな実際に遭った戦争の出来事を元に創られた作品であるが、この「のばら」は、国語の教科書にも載った作品で、小川未明の原作を堀尾青史さんが脚本を書き、桜井誠さんが画を描いた寓話である。どこかの国のある老兵と、どこかの国のある若い兵士の深い絆が、一発の大砲の弾が撃たれて、二つの国の間に戦争が起こる。

戦争が、どんなに残酷で、非道なもので、老兵が「おお、はやく春よこい 平和よこい」と叫ぶ処は、私は、自分の父の姿と重ね合わさって、言い様のないやりきれない気持ちが、投影された。父も戦争で、戦場にこそ行かなかったが、青春時代を戦争の為に犠牲になり、生き残ったやりきれなさから、戦後、心が荒んでいた時期があったと、母から聞かされた。

戦争で死ぬのも地獄、生き残るのも、死者に対する後ろ暗さのようなものが、特攻志願だった父には、あったのであろう。戦後、父は、神も仏も信じない、無神論者になってしまったのだ。

戦争を知らない私は、どのように、平和の大切さを伝えていけば良いのか判らないが、こうして、学校の先生方に平和紙芝居を実演させて戴くことで、それだけの意味はあると想う。紙芝居は両刃の刃。ひとたび、使い方を間違うと、国策紙芝居のような、戦争賛美のプロパガンダになってしまう。

私達は、よくよく、心眼を開いて、本当の真実を見抜く眼を開化させる必要があるのだと、私は思う。日本人は、同じ過ちを犯すほど、愚かではないと信じ、これからも、愛と平和の為に、紙芝居の普及に努めたい、みかんである。

今日は、堅苦しい文章になってしまいましたが、最後まで、読んでくださってありがとうございます。明日から、いよいよ、12月・・・一年の締めくくりの月として、毎日を丁寧に生かせて戴きたいと想います。皆様も、寒くなってきましたので、風邪などひかれないよう、ご自愛下さいませ。いつもありがとうございます。

                     byみかん

|

« みかんの贅沢な一日             2010年11月28日 | トップページ | 12月のみかんの予定            2010年12月2日 »

コメント

ブレーメンさん、初めまして。みかんです。嬉しい書き込みを戴き、ありがとうございます。ドイツの国で、こんな私のつぶやきのつまらないブログが、御覧になれるのですね。本当にびっくりしました!ぺープサートと立ち絵とは、同じ仲間ですが、立ち絵は、飯田先生のお話では、主に、歌舞伎の触りなどを演じられたそうです。飯田先生は、関東にお住まいで、いろいろご活躍されておられるようです。もし、詳しいことが判るようなことが在れば、お知らせ致します。ドイツでは、平絵の紙芝居は、どのように評価されているのですか?ぺープサートは、どのような場所で実演されているのですか?また、いろいろと教えてくださいね。ありがとうございます!  
                        みかん

投稿: | 2010年12月 9日 (木) 23時59分

ブレーメンさん、こんにちは!
私の質問に応えていただくために、いろいろとご配慮戴き、ありがとうございます。
飯田先生のことが、もしわかりましたら、すぐにお知らせ致します。
広報の資料を送ってくださるとのこと、ありがたく思います。
恐れ入りますが、ブレーメンさんのご住所をお知らせ願いますか?追って、こちらから、お返事差し上げたいと思いますので、宜しくお願い致します。
ありがとうございます! 
                          みかん

投稿: | 2010年12月11日 (土) 01時45分

ブレーメンさん、早速教えて戴き、ありがとうございます!
出来るだけ早く、お便りを致します。
今、暫くお待ち下さい。
                     みかん

投稿: | 2010年12月11日 (土) 23時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« みかんの贅沢な一日             2010年11月28日 | トップページ | 12月のみかんの予定            2010年12月2日 »