« 11月のみかんの予定              2010年11月2日 | トップページ | いろんなことが、ありまして            2010年11月6日 »

みかんせいのみかん?            2010年11月3日

今日、11月3日は文化の日だ。ということでもないのだが、私、青空みかんも、珍しく本日は、午前中は、部屋の片付けや、お掃除を致し、午後からと、夜に、みっちりと、紙芝居のお稽古に励みました。

今度の7日に、堺の街造りのイベント「けやき通りの文化の集い」や、再来週の火曜日の16日に、大阪市役所の玄関ホールで、私の従兄弟とコラボレーションして、従兄弟のマジックと私の紙芝居を、ランチタイムに、お勤めの方々に披露させて戴く。それと、なんと言っても、明後日の5日、学校の先生方、しかも若い先生方の前で、紙芝居の講義と実演をさせて戴くので、まずは、教育の現場の先生方に、どんな紙芝居を観て戴いたら良いのか、作品を選ぶのに、悩み悩み、悩み続けて、自宅に在る紙芝居で、何点か選んで、片っ端から実演してみた。

紙芝居は、演じることで初めて完成される。だが、こんなに、迷いがあると、完成どころか、未完のまま、当日を迎えてしまう。イベントや講座が重なることは、本当に有り難い。だからこそ、一つ、一つ、自分の納得のいくまで、作品を選び、練習をして、当日は、皆様に喜んで戴けるような状態にすることが、何より大事と思い、作品を選んで、何時もの様に、母に練習台になってもらって、練習に励んだ。が、母は、夢うつつで、私の紙芝居を前にして、眠りこけてしまった・・・・

そら、何時も、おんなじ紙芝居ばっかり観やされたら、眠たくなるやろう。と、自分に言い聞かせ、せやけど、そんだけ、うちの紙芝居の実演は、まだまだ魅力がなく、面白うないといということかなあ。唯一、母が気に入ってくれたのは、「北風がくれたテーブルかけ」だけであった。さあて、この紙芝居、一体、何時、何処で演じたら良いものか?

まだまだ、どこで、どんな紙芝居を演じたら良いのかも、自分でも判っていない、未完成のみかんであった。人間死ぬまで勉強やなあ・・・

                    byみかん

|

« 11月のみかんの予定              2010年11月2日 | トップページ | いろんなことが、ありまして            2010年11月6日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。