« 忍耐、努力、継続、そして、勇気!       2010年10月5日 | トップページ | 大荒れの日本の秋             2010年10月9日 »

地デジのアンテナ立てました         2010年10月8日

テレビの韓流ドラマの大好きな、母ちゃんに、親孝行の真似事をと想い、昨日、電器屋さんに、アンテナを立ててもらいました。

ほんまは、うちも、「リトルチャろ」とか、「探偵ナイトスクープ」を観たいので、早めに、とにかく、アンテナだけは立てておいた方がええと、考えて、立ててもらいました。

電器屋さんも、暑い中を、もう、汗だくだくで、作業をしてくださって、ほんま、申し訳ない気持ちでした。

家の電波の状態は、なんか、難しいみたいで、地デジを映そうととすると、アナログのテレビが映らなくなり、アナログを見えるようにしようとすると、地デジが映らないという、もう、中途半端で、ややこしい家で、電器屋さんも、相当苦心されておられました。

でも、ようやく、テレビが綺麗に映り、諦めていたサンテレビも、映るようにしてくださいました。これで、母は、これからも毎日、お昼の韓流ドラマを楽しみにして観ることができます。

私も、部屋のテレビは、アナログですが、綺麗に映り(一番映りがわるかったのです)、やれやれです。

皆さんも、来年の7月には、アナログ放送が観れなくなることは、もう、充分ご承知でしょうが、私の所のことで、恐縮ですが、アンテナを立てても、テレビの在る場所で、微妙に電波の入り方が違うので、どうか、くれぐれも、電器屋さんにお願いして、尚且つ、自分自身の目で、しっかりと、全てのチャンネルが、綺麗に映るかどうかを、確認されることをお伝え致します。

電器屋さんのご主人は、夕暮れの頃に全ての作業を終えられ、爽やかな笑顔で、また、次の現場に向かわれました。本当に、ありがとうございます。私達は、手を振って、電気屋さんの車を見送ったのであった。(完)

                      byみかん

                   

|

« 忍耐、努力、継続、そして、勇気!       2010年10月5日 | トップページ | 大荒れの日本の秋             2010年10月9日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。