« 明日は、戦争を知らないみかんの紙芝居です!2010年8月11日 | トップページ | みかんのお盆休み               2010年8月13日 »

平和をありがとう!             2010年8月12日

本日、大阪市の森之宮に在る「ピースおおさか」で、紙芝居仲間の方と、平和紙芝居を実演させて戴きました。正直、今日、実演させて戴く紙芝居のプログラムを、朝、出かける、ギリギリまで迷ってしまい、遅れてしまいました。

その時、一本の電話がかかってきて、原爆2世の紙芝居仲間の方から、本日、ピースおおさかに来られるという、お電話を戴き、私は、2つは決めていたのだが、3つ目の作品を「平和のちかい」をさせて戴こうと、決意した。

急いで、ピースおおさかに、駆け込み、実演させて戴く場所に走って行った。すると、もう紙芝居の舞台を置く台を準備していてくださっていた。

だが、頭の堅い、わがままな私は、せっかく準備してくださった場所では、観客の方との距離の隔たりを感じ、実演し辛いと言って、場所を移動していただいた。(職員のTさん、勝手言うて、すんません!)皆さんを巻き込むのが、私の悪い癖で、このブログを見て、朝、早くから来てくださったMariaさんと、Nさんにも手伝っていただいて、紙芝居コーナーを設えさせて戴いた。皆様、本当に、ありがとうございます!

最初は、こんな、台風の来た、悪天候の朝から、誰も、紙芝居なんて観てくれへんやろと、思っておりましたが、子供達や、大人の方もあわせて、10名余りの観客の方が、集まってくださいました。

初めに、私の「平和のちかい」を演じさせて戴き、次に、仲間のMさんが、「とびうおのぼうやはびょうきです」を演じてくださった。最後に、私の「父のかお 母のかお」を演じさせて戴いて、無事に、平和紙芝居のお話会を終えることが、出来ました。

一番前の、ちいちゃい男の子は、ちょっとたいくつそうやったけど、最後まで観てくれた。小学生の高学年の女の子が、二人ほど、小まめめに、メモをしてくれていたのが、嬉しかった。勿論、その場に居てくださった、全ての観客の方々が、じっと、紙芝居を見入ってくださっている空気を実感出来、本当にあり難かった。

予定の時間をオーバーしてしまい、ピースおおさかさんに、御迷惑をおかけしたので、2回目の実演は、「平和のちかい」を省いて、後の2作品を、同じように実演させて戴いた。

2回目は、観客の方は、殆どおられなかったけど、高齢者の男性と、職員のTさんと、仲間のNさんが、熱心に観て下さった。私は、何百人の方の前で演じさせて戴く時と、少しも違わず、心を込めて実演させて戴こうと、精一杯やらせてもらった。

ほんものの作品には、年代を超えた普遍的な魅力が込められていると信じている。紙芝居が終わってから、職員のTさんも、そう、おっしゃってくださった。そして、「とびうおのぼうやはびょうきです」の中に出て来る、海の中の白い雪のようなものは、放射能を浴びてしまった珊瑚の残骸なのだと、教えてくださった。

先日、この紙芝居の舞台となった、ビキニ珊瑚礁が、世界遺産になったと、新聞に書かれてあった。平和とは、自然を守ることに他ならないと、改めて気づかせてもらえた。

午前中で、紙芝居の実演は終わらせて戴き、私は家路の途についた。紙芝居を実演した後、一緒に紙芝居をしてくださったMさんが、「わたし、紙芝居のことが、おもしろくなってきました。」という、嬉しいお言葉をかみしめて、「平和紙芝居のことを、もっと、勉強させてもらわなあかんなあ。平和をありがとう!」65年間も、戦争をしないで来れたこと、そして、これからも、ずっと、平和続くようにと、感謝の念と祈りの気持ちを抱いたみかんであった。

夜、NHKの戦争の特番を観た後、母に、また、戦争の時の話を聴かせてもらった。戦争を体験するということは、かくも、大変な思いをすることなのか・・・二度とごめんだ!

                     byみかん

|

« 明日は、戦争を知らないみかんの紙芝居です!2010年8月11日 | トップページ | みかんのお盆休み               2010年8月13日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。