« みかん、高野山の修業から帰る!     2010年8月8日 | トップページ | 明日は、戦争を知らないみかんの紙芝居です!2010年8月11日 »

戦争を解らない子供達            2010年8月9日

今日、8月9日は、長崎に原子爆弾が落とされ、14万人以上の方々の尊い命が、一瞬で消えてしまった。悲しい日である。

そんな、大切な日だが、子供達は、今から65年前の今日、長崎に原子爆弾が落とされた日であることを知らない。いや、知らないというより、全く理解していない。

子供達は、何時もどおりに、自分の好きな遊びに、各々、夢中になっていた。私は、一人、部屋にあるテレビをつけて、原爆で亡くなられた方の慰霊式の中継を見つめていた。

私は、思った。現代の子供達は、戦争を知らないだけでなく、戦争というものを理解していないのだ。自分達とは、全く、関係のないものとして、意識されていないことが、判った。

私は、そんな子供達を責める気持ちは、もうとうない。むしろ、戦争というものを、理解させてもらえないことが、なんだか、とても、不安でならなかった。

でも、今の私に出来ることは、命の尊さと、原子爆弾の恐ろしさや、戦争の愚かしさを、伝えていくことしかないのだと、実感した。

確かに、65年という、歳月は、今の子供達にとっては、あまりにも遠い時代であだろう。だからこそ、二度と再び、無邪気に遊んでいる子供達を、二度と戦場に送り出すことのないように、私達大人が、しっかりと、伝えていかなければならないのだと、認識した。

戦争は、ある日、突然、いきなり起こるものではない世の中が不景気になり、国と国の利害を主張試合、話し合いではなく、武力で解決しようとする動きが、じわじわと、押し寄せて来て、そして、話し合いが決裂した時に、戦争が勃発するのだ。

だが、私達日本人は、核の恐ろしさを、二度も亘って体験した、唯一の被爆国である。核爆弾が、如何に恐ろしいものであり、そして、爆弾を落とされた後、今もずっと、被爆された方々の子々孫々まで、影響を及ぼすことを、身を持って蒙っている、こ

の、悲惨な現実を、世界中の人々に知ってもらい、二度と再び、このような恐ろしい爆弾が落とされてはならないことを、日本が、リーダーシップを率いて、先導していかなければならないと、私は思う。

戦争を解らない子供達が、本当の原爆や、空襲の恐ろしさを理解する為には、高齢化した、戦争を体験した方々のお話を聞かせて戴き、伝えていく、今が、ぎりぎりの時期であるのではないかと想う。

もう、そんなに時間はない。私は、テレビで、演説をしている管首相の演説を聴きながら、この、慰霊祭が、単なる儀式で終わらせてはいけない。本当の平和を希求し、犠牲になった、多くの方々の御霊に、恒久の平和を誓う、意味の在る式とならなければいけないのだと、心から願うのだった。合掌

                    byみかん

|

« みかん、高野山の修業から帰る!     2010年8月8日 | トップページ | 明日は、戦争を知らないみかんの紙芝居です!2010年8月11日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。