« 命尊し                   2010年3月3日 | トップページ | なんかようわからんけど・・・          2010年3月7日 »

命を粗末にするな              2010年3月5日

昨日、我が家の愛犬、チャクが天寿を全うして、息をひきとった。奇しくも、彼の16回目の誕生日であった。ありがとう!チャク。お前が居ててくれたお陰で、どれだけ、私達家族を慰めてくれたか、計り知れない。

チャクがのなきがらをながめていると、改めて、命の尊さを実感出来る。必死で、死と闘っている時の、お前の声を聞くのは辛かったけど、本当に安らかな、幸せそうな顔をして、お前は、天国へ行ったなあ。

お前が危篤になる直前に、一所に散歩をして、お前の好きな、土と草の匂いを嗅がさせてやったから、私は、なんの悔いもなく、お前を見送ることが出来た。

ありがとう!チャク。お前とは、楽しい思い出だけが、一杯残っているから、私は大丈夫やよ。大好きなケーキも、毛布にくるんださかい、もう、お医者さんでもらうドッグフードは、食べんでいいから、好きな物を一杯食べな。

その、ドッグフードと、父が元気だった頃の、しっかりした散歩のお陰で、お前は長生き出来て、ほんまによかったなあ。

今、おろかな人間達が、自分の産んだ子供達を、虐待して殺している。お前の命だって、宝石のように大切な、たった一つの宝物だったのに、何ゆえ、人間は、我が子を殺さなければいけないのか?

命を粗末に扱うな!人一人の命は、地球より重いのだ。どんな命だって、みんな、尊いのだ。これ以上、自分のお腹を痛めて産んだ我が子を、宝石の輝きをちりばめている命を、自分の勝手な感情で粗末に扱わないで欲しいと、心から、愛犬を亡くした私からのお願いです。

             byみかん

|

« 命尊し                   2010年3月3日 | トップページ | なんかようわからんけど・・・          2010年3月7日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。