« TUNAMIは恐ろしい!            2010年3月14日 | トップページ | 温故知新                   2010年3月18日 »

みみずだっておけらだってあめんぼだって~    2010年3/16

「手のひらを太陽に」という歌を知ってますか?「ぼくらは、みんな生きている 生きているから歌うんだ~」という歌詞で始まるこの歌を唄うと、とっても元気が出ますよね。

この地球上の生き物は、みんな、生きています。人間はもとより、「みみずだって おけらだって ~あめんぼだって、みんなみんな生きているんだ、友だちなんだ ~」と言う、この最後の、どんな小さな生き物も、生きていて、そして、友だちだという、こんな考え方が出来る、この歌の発想が、素晴らしいなあと、私は思います。

だって、この地球上に生きている人間なんて、自分達の星だ、世界だと考えているけど、果たして、それは、ほかの生物も、そう思っているのでしょうか?と、言うか、本当に、私達人間が、この地球を支配しているのかと言うと、それも、疑問に思います。

だから、他の生物の命を戴いて、私達人間は、生かされている、生きさせて戴いているという、謙虚な気持ちにならないと、とんでもないことが、起きると危惧しているのは、私だけでしょうか?

うちらは、人間は、友だちの命をもらって、生かされているのだから、友だちの分まで、大切に生きていくことが、友だちに対する、友情の証なんやと思うんです。

せやから、今、人間は、ものごっつう大変な時期に差しかかっているのやとおもいます。うちらは、みんな、生きている。生きているから、しんどいことも、腹の立つことも、ストレスたまることも、あるんやさかい、そこのところ、「ああ、生かしてもろてるからなんやなあ~」なんて、仙人みたいに、悟りなはれと、言うているのではおまへん。

どんな出来事や、人間関係でも、みんな、顔が違うみたいに、いろんな見方があるうんやなあと、ちょっと、頭を柔らかくして考えたり、時には、立ち止まって、自分自身や友だちの息使いを感じることも必要なんとちゃうのかなあと、おもいますねん。

うちら、現代人は、ちょっと、急ぎすぎた。時間に追われ、情報に翻弄され、人間関係に気疲れして、疲弊しているみたいでんなあ。ちょっと、休憩しても、よろしいのとちゃいまっか?そんな、偉そうなこと言うている私自身も、なんや、この頃、時計を見ることが多くなり、手帳を開く回数も頻繁で、融通のきかん考え方することが増えてきたと、反省している、おさるさんのようなもんです。かたつむりや、かめさんと、もっとお友だちに、なりたいけど、今という時間を精一杯、生かされていることも事実でんなあ。いつものことながら、まとまりのない、作文になりましたです。ハイ

               byみかん

|

« TUNAMIは恐ろしい!            2010年3月14日 | トップページ | 温故知新                   2010年3月18日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。