« 小さいことにくよくよするな!         2010年2月18日 | トップページ | 細く長くめげずに続けます           2010年2月21日 »

日本フィギュアー芸術劇場         2010年2月19日

遂に獲得!高橋大輔選手、銅メダル獲得おめでとう!貴方のフィギュアスケートの表現力は、抜群に素晴らしかったです。

「道」というタイトルの音楽を奏でながら、舞い踊るように演技をされる貴方の、表情、手足の指の先まで、神経を研ぎ澄まされているような演技、そして、フィギュアスケートにも、「間」の取り方が在るのだと、発見させてくださった、物凄い、緩急の計算し尽された緊張と緩和の施し方。これぞ、まさしく、表現芸術だと、感動をさせて戴いた。

貴方が、この冬季オリンピックの舞台に辿り着くまでには、幾多の困難や苦しみが在ったでしょう。(それは、全ての選手の方も同じでしょう)昨年、オリンピックを目指して、練習しているさ中に、足を怪我され、手術をされて、お医者さんからは、復帰は無理だと言われた中を、必死で痛みに耐えて、リハビリをされていた時、突如、そのあまりにも辛い苦悩から逃れ、何処かへ行ってしまわれたと、新聞で読みました。そして、コーチの先生が、実家に電話をされ、「もし、戻ってきたら、もう、スケートをしなくても構わないですと伝えてください」と、思い遣ってくださった時、貴方は、スケートリングに帰って来られ、「自分には、スケートしかない」と、自分一人になって、考えて、考えて、だされた結論なのだと、お察し致します。

貴方の演技を拝見させて戴いて、そんな辛い試練を乗り越えて来た人だからこそ、本当に、貴方の生き様や、人生観や、人間性までもが、その演技に、凝縮され、美しい宝石のように、キラキラ光輝いているように見えました。

メダルは銅メダルでも、果敢に、4回転ジャンプに挑戦された、攻めの演技としての勇気の証として、貴方の胸に美しく、荘厳に輝いていて、とても、まばゆかったです。

織田選手も、惜しくもスケート靴の紐が切れるというアクシデントにもめげず、最後まで演技をやり遂げられて、ご本人はくやしいでしょうが、本当に、立派でした。

小塚選手も、まだ、若いけれども、4回転ジャンプを見事にクリアーされ、果敢に演技された姿勢が、素晴らしかったです。これからが楽しみです。

なんか、いっちょ前の評論家みたいなことを、えらそうに申しましたが、この3人の選手の方々の演技を観ていると、他の国の選手の方の演技と、(みんなそうとは限らないが)日本の選手の演技を比較させて戴くと、フギュアスケートを技で競うのではなく、もっと奥深い、内面的な要素を大切に考えて、されているような気がする。

練習の時も、目の動きや、顔の表情までも練習するのだそうだが、それは、練習する以上に、それを突き抜けた、芸術的表現を尊び、人間性を発揮することが出来るか否かの違いが、表れているように思われる。

来週の女子選手の方々の演技が楽しみだ。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━

                byみかん

|

« 小さいことにくよくよするな!         2010年2月18日 | トップページ | 細く長くめげずに続けます           2010年2月21日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。