« 「人生劇場 」                  2010年2/15 | トップページ | 小さいことにくよくよするな!         2010年2月18日 »

黄金色の2つのメダル             2010年2月16日

冬季オリンピックで、遂にメダルを獲得した。正直言って、私は、メダルの色など関係なく、自分の力を精一杯出し切った結果が、長島選手の銀メダル、加藤選手の銅メダルを手中に収めることが出来たのだと思う。

テレビのニュースで、そのレースを観て、私は、改めて驚愕した。何故なら、彼らのユニホームが、金色というよりも、黄金色に輝いた色なのだ。

そうや、色って、結構パワーに関係あるて、誰かが教えてくれはった。そのユニーホームの色に込められた、たくさんの日本の人々の期待を、一身に受けて、本当にプレッシャーに押しつぶされそうな気持ちだったに違いない。

だが、「こけてもいいから、滑りきろうと思った。」とか、「これで、メダルを獲れなかったら、辞めようと思った。」と、インタビューで述べていたように、彼らの心の中は、開き直りと、重圧感とが、入り乱れ、千路に乱れていたようだ。

長島選手、加藤選手、本当におめでとうございます。メダルを獲れたとか獲れなかったと、日本人は、(私もふくめて)えらいこだわりますが、3位と4位との差というのは、スポーツの世界では、それ程厳しいものなのでしょう。

明日から、いよいよ、男子のフィギュアスケートも始まり、イケメンの選手達の美しい演技を観ることが出来るのを楽しみにしています。

最近の日本の男性は、草食系云々と言われますが、なかなか、久しぶりに、ハングリーな逞しい笑顔を見ることが出来、めんくい?(うちの母ちゃんも)の私は、至極、満足でごわす。(なんで、鹿児島弁やねん!)

               byみかん

|

« 「人生劇場 」                  2010年2/15 | トップページ | 小さいことにくよくよするな!         2010年2月18日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。