« まついのりこさんの講座のお礼           09・12月13日 | トップページ | 「芝枕」                      09・12月17日 »

世の中、そんなに甘くは無い。          09・12月15日

今年も、後、半月となり申した。考えてみたら、今年の世相は、ほんまに暗かった。明るいニュースも、たまにはあったが、自分の思うようにいかないことの方が多い。

そんなことを言うと、わたしなんぞは、自分の好きな生き方をさせて戴いている者にとっては、バチが当たるかもしれん。

こだわるから、しんどい。せやけど、譲れんことも在る。そこんとこの折り合いをつけることって難しい。水にさらっと流せることがでけへんから、みんな苦しむのかなあ・・・

なんや、訳のわからんことばっかし、申しましたが、雪のように真っ白な、そんな心の持ち主だと、少しでも汚れると、気になる。せやけど、根性、ババ色なのも、臭くて、醜いからいやや。

そうや!やっぱり、青空のような、爽やかな色がいい。笑顔で、生き生きとした、活力の在る、そんな世の中になったら、もう少し、みんな元気が湧いて、一緒に、お腹の底から笑って暮らせる世の中になる。

そんなに世の中、甘くはないかもしれんけど、怒って、恐い顔するよりも、ニコニコスマイルの顔がいい。

みなさん、ご陽気にまいりましょう!この世は、仮の世か、ほんまもんかは、定かではないけれど、少なくとも、うちらは、今、この世の中を生きていくのやさかい、みんなで、気持ちの良い世にしていきませう。来年は、寅年。「猫でない証拠に、竹が描かれている。」これは、大河先生のお言葉。どういうことかは、今の世の中に、勢いの在る竹を描くべく必要がある。

猫に鈴を付ける鼠が居ないのなら、みんなで、ほんまもんの虎にするべく、力を合わせて、素晴らしい竹を描こう。見事な竹を・・・

                  byみかん

|

« まついのりこさんの講座のお礼           09・12月13日 | トップページ | 「芝枕」                      09・12月17日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。