« 駅伝競争の練習の始まる。             09・11月9日 | トップページ | 幸運を運ぶ年賀状と犬?            09・11月13日 »

今日は介護の日だそうです。           09・11月11日

今日、11月11日は介護の日だと、朝刊を広げると、書かれてあった。そう言えば、NHKのチャンネルでも、介護の特集の番組が、放映されていた。育児と介護、どちらも大変な仕事であるが、その決定的な違いは、育児には、我が子の成長する喜びがある。だが、介護には、悲しいことに、明るい未来が、なかなか見い出せない。

だが私は、「人間誰しも、年老いるんや!」と、言った父の言葉が、忘れられない。私が祖母と諍いをした時に、父にそう言って、叱られたのだ。

その父も、今は寝たきり状態で、病院のお世話になっている。よく、テレビで、自宅介護を、甲斐甲斐しくしておられるご家庭を紹介されているが、その紹介を観ると、私は胸が潰れる思いになる。

家族の協力と、良い医師や看護師、ヘルパーさん、そして、安心して介護が出来る、地域の環境等など、言い訳ではないが、自宅で最期まで介護することは、本当に大変な努力と忍耐と、根気が要ると思う。

誰しも、自分の生の最期を自宅で迎えたいと想うのは、当然のことだと、私も思っている。だが、必ずしも全ての人がそう、出来るかと云うと、答えは、出ない。何故なら、介護する側もされる側も、それ相当の覚悟がないと、家族の心身の健康が保てない。

どうしたら、家庭で、人生の終末を過ごすことが出来るのであろうか?私は、父も母も、生きていて本当に良かったと思える、余生を送って欲しいと、心から何時も願っている。

両親の愛情を、一身に受けて来た私は、如何にその恩に報いることが出来るのか?全く出来ていない自分を責めることだけはせず、せめて、自分が生まれて来たことの意味を見い出し、真っ当におてんとさまの下を歩き続ける生き方だけは、ずっとしていきたいと想う、みかんであった。人生は短い。生涯は長い。平々凡々が、いちばん。地道を均す生き方をしていけたらいいなあ・・・

                  byみかん

|

« 駅伝競争の練習の始まる。             09・11月9日 | トップページ | 幸運を運ぶ年賀状と犬?            09・11月13日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。