« 紙芝居文化の会の総会は壮快です!       09・11/8 | トップページ | 今日は介護の日だそうです。           09・11月11日 »

駅伝競争の練習の始まる。             09・11月9日

巷では、新型インフルエンザのワクチンが、足りないとか、接種が予定より遅れるとかで、皆さん、本当に不安な毎日を送っておられる。

そんな中、私の勤める小学校では、子供達が、駅伝の練習をするとかで、放課後になるや否や、児童クラブの部屋に、まっしぐらに突入して、ランドセルを置いて、気も漫ろに。体操服姿で、運動場に飛び出して行く元気な様子を見ると、私も、何故かほっとする。

男の子の何人かは、恥ずかしそうに、私の机の横から丸見えなのに、女の子に見られたら、恥ずかしいからと、部屋の隅に隠れて、お着替えをする。その様子が、本当に可愛い。

そんな、子供達が、橙色の美味しそうな、柿の実を、ビニール袋に入れて持っていたので、私は、「美味しそうな柿やね。先生も欲しいなあ。」と言うと、「これ、渋柿やで」とのたまう。「さよか、渋柿でも、外に干しといたら、甘くなるね。」そんな、何気ない会話のやりとりをしているだけで、何故か幸せな気持ちになれる。

秋は、もう、たけなわ。駅伝の練習から戻った子供達が、また、慌ただしく、私の見える所で着替える。そうか、うちは女子の仲間に見られてないのやなあ・・・

ちょっと複雑な気持ちになったが、インフルエンザに負けないで、元気に駅伝の練習に励んで欲しい。子供達の生き生きとした(ほんまは、バタバタして忙しないのだが・・・)様子を見ると、なんだか、私の気持ちも和やかになって来る。

やっぱり、子供達は元気なのが一番だ。なんとか、この冬を、新型インフルエンザから守り、元気に駅伝競走で、走ってほしいと、願うみかんであった。

               byみかん

|

« 紙芝居文化の会の総会は壮快です!       09・11/8 | トップページ | 今日は介護の日だそうです。           09・11月11日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。