« 差別と区別と塩の話                  09・11月16日 | トップページ | 氷雨の日曜日                  09・11月22日 »

新型インフルエンザの研修報告         09・11月20日

本日、新型インフルエンザの研修会を受けて来て、いろいろと学習させて戴きました。今回のインフルエンザは、従来の季節型インフルエンザとは、違う型ということで、新型インフルエンザという名称で呼ばれているのだそうです。つまり、従来のものと区別する為ですね。

主な症状は、従来のインフルエンザと殆ど同じで、発熱、悪寒、咳、嘔吐、筋肉痛、嘔吐や下痢と云った症状が、2~5日位あるそうです。

なんで、こんなに、大騒ぎになってるかというと、このインフルエンザは、とっても、感染力が強いからだそうです。感染の内容は、飛沫感染と、接触感染が殆どだということで、空気感染もありますが、殆どが、前記の2つの経路で感染するのだそうです。

一番大切なことは、インフルエンザにならないように、予防することです。三つの方法を教えて戴きました。

一つ目は、やっぱり手洗いの励行です。それも、手の指の間や先の方までしっかりと洗うことが大切だそうです。

二つ目は、マスクをすること。これは、インフルエンザにかかっている人も、そうでない人も、マスクをすることで、飛沫感染が防げます。

つ目は、規則正しい生活習慣を送り、睡眠を充分に摂ることだそうです。これが、私は、一番危ない。自分で気をつけるようにします。

ワクチンが、ぼつぼつ、接種出来るようになってきますが、季節型と、新型と両方のワクチンを接種するようにするのが、望ましいとのことです。優先順位で考えると、新型インフルエンザは、圧倒的に小さい子供さん達がかかっているので、子供さんは、新型の方を先に、一般の大人の方は、従来のインフルエンザのワクチンから、接種されるといいそうです。従来のワクチンのお値段は、3500円位だそうです。新型は、個々に違うので、医療機関で、確認をして下さい。

それから、妊婦さんは、副作用が心配ですが、それを考慮された、妊婦さんでも安心して接種出来るワクチンが、あるそうですので、かかり付けの産婦人科で、聞いて下さい。副作用を懸念して、ワクチンを接種しなかったら、インフルエンザになった時、もっと大変なことになるので、必ず、接種してくださいとのことです。

以上、簡単に、今日、新型インフルエンザについて、述べさせて戴きました。これから寒くなると、もっと、厳しい状況になることが、予想されます。どうか、皆様、私達一人ひとりが、手洗いの励行、マスクの着用、充分な睡眠の確保、この三つのことを心掛けて、この冬を乗り切りましょう。

喘息持ちの私が、一番、危ないので、偉そうなことは言えませんが、マスクをしていると、しんどい時もありますが、以外と温かくて、防寒にもなるし、鼻と喉を守ってくれます。

それから、空気が乾燥すると、ウイルスが活発に活動するので、濡れたタオル一枚、お部屋の中に架けておくだけでも、ずい分ちがうそうです。加湿器のないお家は、お試し下さい。

それから、このような、感染の厳しい病気は、風評やデマなどが飛び交い、それに翻弄されることが、一番心身に毒だと思います。新聞やテレビのニュースなどの情報を、小まめにチェックして、落ち着いた対応が出来るよう、お互いに心がけましょう。

昔から風邪は、万病のもとと言います。皆様、くれぐれもご自愛下さいませ。私も、毎日、通勤電車にもまれながら、顔晴って、子供達の心身の健康を見守るべく、努めます。勿論、紙芝居で、皆様に元気の源をお届けさせて戴けるように、健康でいられるように、気をつけますね。おやすみなさい。

                  byみかん

|

« 差別と区別と塩の話                  09・11月16日 | トップページ | 氷雨の日曜日                  09・11月22日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。