« 時代を生きるということ               09・10月11日 | トップページ | 久しぶりの通勤電車            09・10月14日 »

夏のお疲れ出頃ですね。             09・10月13日

新型インフルエンザの流行が、猛威をふるい始めているようである。本日、恩師の大河先生のお宅にお電話をすると、付近の小学校が学級閉鎖されたとのこと。

私の近くの小学校も学級閉鎖され、運動会が延期されたと聞く。あちらこちらで、発生しているようだ。一番大切なことは、ワクチンを打つことも重要だが、風邪の菌を持ち込まない。持ち込ませない。手洗い、うがいの励行。そして、何より、抵抗力の無い者から、かかるので、免疫力をつけること。

こんなえらそうな事を言っている私が、一番、風邪をひきやすく、皆様に御迷惑をおかけしているのだ。自戒の意味も込めて、今年の冬をみんなで乗り切っていきたいと想う。

夏の疲れが出る頃で、日中と朝晩の気温の差が激しく、体温調節ができなくなるので、風をひいてしまうことも多い。皆様、くれぐれも気をつけましょう。

なんか、身体の不調や、風邪の話題で、しぼんだ文になってしまいましたなあ。まあ、こんな日もあるさと、ご勘弁下さいね。

今日、家の中でくすぶっていると、珍しく子供達の遊ぶ声がするので、外へ出てみると、3~4人位の女の子達が、電信柱を使って、「だるまさんがころんだ」と、言って、おにごっこをしていました。

私も、子供の頃によくあそんだ遊びで、わたしらの頃は、「ぼんさんがへをこいた」と、すんません、とってもええとこの子やったから、こんなふうに言って、遊んでいました。

皆さんは、どんなふうに言ってあそんでいたのでしょうか?今でも、子供の頃に遊んだことが、受け継がれているのだと判り、本当に、あったかい気持ちになり、うれしかったです。

                  byみかん

|

« 時代を生きるということ               09・10月11日 | トップページ | 久しぶりの通勤電車            09・10月14日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。