« 夜風に吹かれて                  09・7月8日 | トップページ | ただ、紙芝居が好きなだけです。         09・7月11日 »

   日本人の心の故郷              09・7月10日

今年の10月18日(日)に、有り難いことに、奈良県の飛鳥に在る、国営飛鳥自然公園で、紙芝居の野外口演を行なわせて戴く運びとなった。

今日は、その国営公園の下見と打ち合わせを兼ねて、紙芝居仲間のNさんと、Mさんとご一緒に、朝から一日、近鉄電車に揺られて、行ってきた。

飛鳥は、「明日香」と表記する方が、認知されているように、奈良時代よりも、まだ、いにしえの、多くの貴重な古墳や遺跡がある街だ。私も、何十年ぶりかで、この街を訪ねさせて戴いた。

駅に到着すると、駅前の様子は、昔とは一変していて、何か、観光地のような案内板や、やけに、コンクリートで、固められた建物や、塀が目についた。そんな、光景を尻目に、私達は、まず、高松塚古墳の方へと向かった。

10月18日の当日は、午前中は、高松塚古墳辺りで、紙芝居を実演させて戴き、午後から、石舞台古墳のそばの野外ステージで、実演させて戴くと云うスケージュルだ。

高松塚古墳は、壁画が発見されたことで、一躍、注目を浴びた古墳であるが、今は、修復する為か、大きな塀が、囲ってあって、なんだか殺風景な様子だった。だが、私は、その古墳が在る、小高い丘から、大和の山々が、美しく見渡せる、美しいロケーションに圧倒された。本当に、ここは日本の人々の心の故郷なんだ。この、美しい日本に生まれて、本当に幸せだと、心から思った。

お昼からは、国営公園の職員さんの案内で、石舞台の横に造られた、野外ステージを見させて戴いた。屋根も張られている、本当に立派な、素晴らしい舞台であった。舞台の上に立つと、石舞台の古墳は見られないが、広い芝生の観客席を臨むと、また、遥か向こうの方に美しい山に囲まれた自然の風景が、見渡せることが出来る。

ここで、本番の日は、青空の下、飛鳥に来られた、たくさんの人々に紙芝居と、従兄弟の手品と、そして、日本の美しい童謡を、観たり、聴いたり、歌ったりして、共に生きる喜びを分かち合い、素晴らしい思い出の一コマとなって戴けたら、こんな嬉しいことはない。

私を、こんな素晴らしい処へ連れて来てくださった、Nさん、本当にありがとうございます。そして、奈良県にお住まいで、ご一緒に現地を視察して下さり、美味しいおにぎりと、お団子をご馳走になりましたMさん、本当にありがとうございます。

また、ご親切に車で、石舞台古墳のステージを案内戴き、この、夢プランに、いろいろとお世話をして戴くことになる、職員のMさん、本当にありがとうございます。

今、この日本人の心の故郷、飛鳥の里で、紙芝居と手品と、童謡を披露させて戴くことで、この困窮する国を、いにしえの人々に届き、救いの手を差し延べて下さることを、心から願っております。当日は、出来るだけ多くの、お仲間の方々と、手を携えて、舞台を務めさせて戴きたく存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。ありがとうございます!

                   byみかん

みかんのお奨め紙芝居コーナー~

「ながぐつ ながぐつ」(内田燐太郎作 長谷川義史絵 童心社)

雨の日に長ぐつをはいている人を見ることも、最近は少なくなりましたね。この紙芝居を観ていると、長ぐつをはいて歩くことが、なんだか楽しくなってきそうですよ。特に、長ぐつをはいた長ぐつが登場するところが、とっても奇想天外で、でも、みんなで長ぐつをはいて楽しく行進している場面は、とっても私は郷愁を感じます。皆さんは如何でしょうか?

|

« 夜風に吹かれて                  09・7月8日 | トップページ | ただ、紙芝居が好きなだけです。         09・7月11日 »

コメント

ども(´▽`*)

奈良の「飛鳥」には、よく行きますよww
飛鳥には、1件だけ温泉があるんよねww

低料金で入れるんよぉ~(´▽`*)
最近は、飛鳥に行ってへんけど(;´・ω・)

投稿: 石田 祐樹 | 2009年7月11日 (土) 08時07分

石田君、書き込みありがとうございます!飛鳥に温泉があるなんて、知らなかったです。古代の人々のことに、思いを馳せて、ゆっくりと温泉に浸かると、日頃の疲れも、癒されるでしょうね。
10月18日の石舞台公演、もし、良かったら、温泉浸かりに来たついでに、覗いてやってください。

                         みかん

投稿: | 2009年7月16日 (木) 02時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« 夜風に吹かれて                  09・7月8日 | トップページ | ただ、紙芝居が好きなだけです。         09・7月11日 »