« みかん、紙芝居の歴史を学ぶの巻         09・7月18日 | トップページ | どうして万歳なのか?              09・7月21日 »

久しぶりの休日                  09・7月20日

毎日お暑うございます。皆様、お変わりございませんでしょうか?私は、ほんまに、今日、久しぶりにお休みをさせて戴き、お昼寝もして、愛犬の散歩も行き、駒川商店街で、買い物もし、心身ともに、休息を摂ることが出来ました。

やっぱり、人間、疲れたをためたらいかん。疲れると、気持ちが在っても、身体がいうことをききません。私も、ここんとこ、ずうーっと、仕事と紙芝居の活動などで、忙殺され、気持ちの余裕がなかったような気がします。

まあ、忙しいことは、ほんまに有り難いことなのですが、「忙しい」と言う字は、心を亡くすと書きます。人間、忙しいのも、ほどほどにせんと、気持ちにゆとりが無くなり、自分にも、人様にも、優しく出来なくなります。

前は、道に落ちていて空き缶や、ゴミを拾うことが出来ていたのですが、最近の私は、ゴミが落ちていても、拾う気持ちがあっても、身体がコントロールできず、素通りしてしまうのどす。そんな、自分を責めたくはないので、「まあ、ええわ、もうちょっと元気になったらできるやろう・・・」などと、自分で自分を慰め、心の整理をするのどす。(なんで京都弁になるのん?)

とにかく、こんな心身をメンテナンスする日も貴重であると、身を持って知ったみかんです。私達、現代人は、常に時間に追われて、何か大切な物を置き去りにしてきたような気がします。皆様も、どうか、お忙しいでしょうが、休める時は、休んでくださいね。そしたら、また、明日から、顔晴ろうという、英気が湧いてくるような気がします。ああ、明日から、いよいよ、夏休みバージョンの仕事体制に入ります。なんとか乗り切れるように、無理せず、ぼちぼちいこか○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

                 byみかん

~みかんのお奨め紙芝居コーナー~

「ものまねじいさん」(仲倉眉子 作/画 教育画劇)

この紙芝居は、これからの高齢者社会の問題を解決出来る素晴らしいヒントが込められているように想われる。隣のおばあさんのやることをなんでも真似したがるおじいさん。だが、絵もうまく描けないし、編み物もクチャクチャ、ヤギのお乳も想うように搾れない。そんなおじいさんの失敗しても、次々とチャレンジするけなげさと、借りた物を必ずおばあさんに返す律儀さが、とっても共感できる。そして、遂に、本当にやりたいことを見つけたおじいさん。それは、薔薇の花を育てることだった。でも、やり過ぎて、またまた失敗するけど、それでも懲りないおじいさの前向きな心が、なんともいえないくらい、大好きだ。土をいじり、花を育てることが認知症の予防になるということを、ニュースで知り、この紙芝居は、そんな現代人の問題解決の糸口も孕んでいるのだと理解すると、凄い紙芝居だと実感する。

|

« みかん、紙芝居の歴史を学ぶの巻         09・7月18日 | トップページ | どうして万歳なのか?              09・7月21日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。