« 中庸の道                   09・5月16日 | トップページ | 清く正しく美しく怖れよ!            09・5月19日 »

明るい社会運動宣言               09・5月16日

不肖、私、青空みかんは、この世の中の世相が、あまりにも暗いので、もっと明るくなれるように、紙芝居を広めさせて戴くことで、行動に移すことを誓います。

世の中が悪い、他人の性だと言うている暇が、あったら、少しでも多くの人々に、紙芝居を観てもらって、感動して頂き、生きる希望を持ってもらい、トイレの豆電球の様に、明るく照らせる人間になりたいと、想っています。

インフルエンザも恐いけど、一番恐ろしいのは、人々の心に「愛」の気持ちが薄れてきたことではないでしょうか?人を人とも想わない、虐待や、いじめ、無差別殺人、肉親殺し等がはびこぶ世の中。人間を物のように、切り捨てる、派遣切りや、不当な解雇、リストラ等など・・・

本当に、人々は、喘いでいます。私も、正直、独りでは出来ません。紙芝居の仲間の方々や、私の志にご賛同と、ご理解して、支えて下さる方々のお力をお借りして、この今の時代を、特に、子供さんや若い人達が、将来に、夢や希望の持てる時代にするべく、お役に立ちたいのです。

紙芝居しか、能のない私ですが、ゴミはなくても、誇りはございます。マジックリンはないけど、自負は在ると想ってます。

誰かが、やらなくてはいけないのであれば、うちも、名乗りを挙げさせてもらいます。何も選挙に立候補するのではありません。兎に角、皆さんの心が、少しでも、明るく、元気になり、みんなが力を合わせたら、より良い社会に、もっとなれるのだと言うことをお知らせし、「明るい社会運動協会」の自ら、看板でも、ネオンでも、赤提灯にでもなれたら、うちは、ほんまに嬉しいです。

まずは、今、インフルエンザで、不安感や、恐怖心を抱いておられる、関西の人々の、お役に立つべく、動きたいと考えているのです。紙芝居は、集団で観るものだからこそ、みんなが一緒だという、孤立感や、不安感を払拭出来る文化だと想うので、まずは、感染された方々の、孤立感を払拭出来たら、嬉しおます・・

                            byみかん

|

« 中庸の道                   09・5月16日 | トップページ | 清く正しく美しく怖れよ!            09・5月19日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。