« 円は無限大∞               09・3月20日 | トップページ | へっこきよめ対かみなり様              09・3月22日 »

テレビを観ない若者達             09・3月21日

テレビのデジタル化されるまで、後2年余り。オリンピックや万博みたいに、カウントダウンするつもりはないが、デジタル化になってもテレビを観るべきか、観ないべきか、ハムレットでもあるまいし、最近、悩んでいるみかんである。

そんな折、今日のNHKの特番で、テレビについて議論が飛び交っていた。その中で、現代社会の若者の中で、テレビを全く観ない人が増えてきたということを知った。

これは、子供の頃からずっとテレビを観て育ってきた私は、大変驚いた。テレビを観ない若者曰く、「携帯やパソコンで、知りたい情報や、見たい映像をみることが出来るから、テレビは必要ない。」とのこと。

なるほど、さもありなん。だが、一人暮らしの部屋で、布団にポツンと寝っ転がって、携帯を握りしめている姿を見ると、何故かやりきれない思いが、心の底から湧きあがって来るのであった。

確かに、インターネットは、見たいときに見たい映像を見ることが出来る。それは、確かに便利である。だが、その反面、なにか少し恐いような気持ちがするのである。それは、おそらく、インターネットの映像は自分だけが見たい映像を見る。テレビだって、今や一人に一台有る時代だから、一人で観ることの方が多いであろう。

だが、テレビとインターネットの決定的に違う相違点は、自分の観たい映像や情報を見たい時に何時でも見ることが出来るか出来ないかという一点で、相違があるのではないか?

言い換えれば、リアルタイムに観たいものを、観たい時に、観るということを、諦めることが出来るか出来ないかということだと私は思う。勿論、テレビだって、観たい番組の録画を予約出来るという便利さはある。

だが、予約をするということは、それだけ、自分で番組を選択し、決定し、操作するという作業が発生する。

何が言いたいかと言えば、メディアを選択するということは、見たいものや、情報をどの様な形で自分の手に入れるかということになる。テレビがなかった時代にはラジオや新聞が、メディアの大きな役割をしていた。(勿論、今もずっとその役割を担っているのだが)

私は、一番危惧することは、若者がテレビを観なくなったことではなくて、自分の自由が度を越すと、結構人間は、却って孤立化し、無気力になり、協調性が欠如してしまうことだ。

私達が、これからの時代を生きていく上で、人と人との繋がりや、人間関係を無視しては、絶対に生きていけない。だからこそ、みんなで観るメディアは、やっぱり必要だと私は想う。

そこでまた、何時ものように紙芝居の宣伝になってしまうのだが、戦後、紙芝居が再び、子供達の人気を博し、人々の居場所であった。だが、テレビの普及によって、街頭紙芝居は街角から消えてしまった。

だが、今、また、このような若者のテレビ離れが起こり、人々の心に隙間風が吹きすさぶ現代社会になってきた昨今、紙芝居の新たな役割を担う時期(とき)がきたのではないかと、自負する私をお許しください。

でも、紙芝居は、みんなで、リアルタイムに観るという、素晴らしい特性を持っています。生身の人間が肉声で語る紙芝居を、じっと息をひそめて、子供達の肩と肩が触れ合っても、少しも違和感がない。(今の人は結構、電車やエレベーターの中などでも、人と人が接触するのを嫌がるのにお気づきでしょうか?)観ている者同士が顔を知らなくても、自然にコミュニケーションが生まれる。紙芝居は、もう、懐かしさだけの文化ではない。現代社会に巣食う問題を解決する、今、一番、古くて新しいメディアなのだということを、私は言いたいのです。

今日は、かなり、だらだらと、言いたいことを書いてしまいました。私が言いたいことは、今の時代の子供達が、全部が全部そうではないのですが、自分の意見を述べたり、自主決定したり、自立心が弱いように思われてならんのです。かく言う私も、紙芝居と出逢うまでは、本当に内向的で、暗い性格でした。そんな自分が大きらいで仕方なかった時もありました。

だからこそ、余計、子供達には、明るく元気で素直に育って欲しいと想います。自分で自分のことが好きで、大切にする人間になって欲しいと願います。

変わらない、とこしえの願いを込めて、私は、これからも紙芝居を皆様の下にお届けさせて戴きたいと想います。明日、22日の日曜日は、大阪平野の全興寺さんで、紙芝居です。時間は午後2時と3時からあります。雨の時は、境内のおも路地であります。私も実演させて戴くことを、常に感謝し、精一杯演じさせて戴きたいと想います。宜しくお願い申しあげます。いつも、ありがとうございます。

               byみかん

|

« 円は無限大∞               09・3月20日 | トップページ | へっこきよめ対かみなり様              09・3月22日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。