« 継続は忍耐なり!             9・1月27日 | トップページ | 三度目の正直                 09・1月31日 »

父の手術無事済みました。            9・1月29日

以前から、寝たきりになってしまっている、81歳の父が、急遽、食べ物を飲み込むことが出来ないので、胃に管を通して、栄養を摂る為の手術が、行なわれた。

一昨年は、骨肉腫の為、左手の親指の切断の手術をし、昨年は、母のぺースメーカーを入れての全身麻酔の手術に立会い、今年もまた、父の手術に向かい合わなければいけない。だが、これで、両親揃って、長生きしてくれるのなら、こんな嬉しいことはない。

かけがえのない二親に、生きていてもらえるだけで、幸せだと思う。いろいろ、大変だけど、後悔のないように、見守らせていただこうと、心に決めている。

苦労性の母も、一安心したようで、ご機嫌がいい。私は、連日の緊張とストレスで、少々、グロッキー気味だが、また、一晩ぐっすり寝たら、大丈夫!

最近は、しんどい時や、落ち込んだ時に、孫の静流ちゃんの顔を思い浮かべることにしている。携帯の待ち受けも、勿論、静流ちゃん!本当に、彼女の顔を見ていると、心が癒される。私は、こんなに幸せで、有り難いと、感謝している。

少々、へこたれる事もありまするが、紙芝居の舞台の横に立ち、子供達の息を呑んで、たたずむ空気と、彼ら、彼女達の真剣な眼差しを実感出来ることが、私の人生最大の喜びだと想います。

どうか皆さん、こんな生きにくい時代だからこそ、日常のささやかな、当たり前の出来事に幸せを見出せるようになれたらいいですね。お互いに・・・・☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*

                 byみかん

|

« 継続は忍耐なり!             9・1月27日 | トップページ | 三度目の正直                 09・1月31日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。