« ほんまもんのゆず湯入りました!        12月21日 | トップページ | 現代社会の中国の孕む問題      12月23日 »

ババ馬鹿と言われてもいい!       12月22日

昨夜、初孫を産んだ次女から、携帯にタイムリーな写メールが届いた。なんと、孫が寝返りをしたということで、今まで仰向けにしか、見られなかった静流ちゃんの顔が、真っ直ぐに前を向いて、しっかりと首を上げているではないか!

娘の気持ち、わかる、わかる。私も、長女が生まれて初めて、寝返りをした時、喜びのあまり、父と母に電話をして、報告したものだ。

全く、血は争えないし、時代は進歩して、次女の赤ちゃんの時とそっくりな顔で寝返りをした姿をすぐに見られるなんて、本当に有り難い事だ。そして、そんなたわいもない事を皆様にお知らせする、ババ馬鹿をお許しあれ!

いかに時代が、閉塞し、底が見えない暗い世相であろうと、子供達の未来は、明るく、光り輝いているものであると、私は信じたい。また、そんな時代が必ずやって来るように、これから、私達大人が、時代を築いていくことが、未来を担う子供達にしていく責務だと、私は想う。

こんな不況に誰がした。こんな世の中に誰が変えた。と、犯人探しするのは、時間の無駄だ。今は、本当に、みんなが安心して、将来に不安を抱くことのない社会にどうすれば出来るか、力を合わせて考え、行動する時ではないだろうか?三年後に上げる消費税の法律の文言を、一生懸命考える暇があるのなら、今、家もなく、路頭に迷って、職を探し、住まいを求めている人達に目を向けて、その人達の気持ちを思い遣り、せめて、お正月を楽しく迎えるように、動いてはもらえないのだろうか?

この国は、今、本気で考える時期がやって来ているのだと、私は思う。孫の話から、政治論をぶつけて、おこがましいが、私は、本当にそう思うのだ。どうしたら、今のこの世の中のみんなが、幸福になれるのだろうかと・・・・私一人がつぶやいても仕方がないが、時代は、目まぐるしく変化していることは確かだ。

寝返りをうった、初孫が、百八十度回転して見て、これから歩んで行く世の中だから、尚のこと、住み良い社会になって欲しいと、切に願うみかんであった。

                byみかん

|

« ほんまもんのゆず湯入りました!        12月21日 | トップページ | 現代社会の中国の孕む問題      12月23日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。