« いよいよです!     10月11日 | トップページ | お久しぶりです!     10月16日 »

紙芝居ってほんまに凄い!10月12日

今日は、いよいよ紙芝居公開講座、本番の日。一応熱は下がったけど、頭がまだ、ぼーっとしている。でも、そんなの関係ない!今日のこの日の為に、紙芝居大好きのメンバーの仲間の方々が、みんな、それぞれ一所懸命、準備をしてくださっている。紙芝居も、練習してくださっている。

講師の紙芝居文化の運営委員の、田中和子先生も、新幹線に乗って、はるばる来阪して下さっている。講座を申し込みをして下さった方々が、紙芝居のことを学びたいと、楽しみに期待していてくださっている。

ふらふらに身体に、紙芝居を15冊と、資料をかばんに入れて、私は会場の、難波市民学習センターに向かった。慣れないヒールをはいて、よたよたと歩き、やっと会場の在る、OkATビルに辿り着いた。

今日は紙芝居の舞台は、持って行かなくて良かったので、なんとか、ぶっ倒れんと、会場に着き、田中和子先生と、講座の打ち合わせをさせて戴いた。

昼食を済ませて、集合場所のロビーの奥の会場の部屋の処で、もう、メンバーの皆さんが、準備を始めてくださっていた。本当に有り難い。

私は、本当に素晴らしい仲間の方々に出会わせて戴いて、幸せだ。大阪に紙芝居文化の仲間の輪を広げ、住みよい大阪。元気な大阪。赤ちゃんも人生の先輩のお方も、皆さんが、心豊かに暮らしていける、そんな街造りを、私は、本気で紙芝居で、すぐれた作品を優れた演じ手の方を広めさせて戴くことで、やらせて戴きたいと、厚かましくも、想っているのだ。

だけど、これは、とても私独りが、いくらがんばった処で、出来る訳はない。今日のこの、大切な出逢いの縁を大切にして、これからも、地道に、紙芝居を文化として、出来るだけ大勢の方々にお伝えさせて戴けたら、こんな嬉しいことはない。

今日の講座では、お申し込みを戴いた、殆どの方が起こし下さり、皆さん、本当に熱心に、田中和子先生の、紙芝居の演じ方のお話に、耳を傾け、私達メンバーの実演を観てくださっていた。

私は、この講座をやらせて戴き、改めて、紙芝居って、凄いパワーを持ち、そして、人々の心の奥底に、焼き付ける魅力があるのだということを、再認識した。

一つの、大きな講座を終わらせて戴いた私は、はや、次の活動を考えている。それは、またの、お楽しみと言うことで、今日は、長々と書かせて戴きました。

最後になりましたが、本日は、私の生涯学習の恩師であり、私を紙芝居と出逢わせてくださった、大河萬子次先生のマジックショーも、ご披露戴き、講座に花を添えて戴き、会場を和ませて戴けた。

本日ご参加戴いた、受講者の皆様、紙芝居は、いくら、楽しいものでも、長々と続けると、観客の方は、だれて来ます、そんな時に気分を変えて、手品なども間に挟んで、観て戴くと、とても、メリハリの効く、お話会になるかと思い、大河先生に手品をご披露して戴きました。

これからも、紙芝居は、永遠に続くことを願い、特に、次代を担う子供さん達に、紙芝居をみんなで観てもらい、また、演じることもしてもらえたらいいなあと、考えているみかんです。「紙芝居って、本当に凄いですね!」

             byみかん

|

« いよいよです!     10月11日 | トップページ | お久しぶりです!     10月16日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。