« しずるがぐずる 9月4日 | トップページ | うちは、逃げません! 9月8日 »

心に太陽、唇に歌を!9月6日

ありきたりな言葉だけど、最近の私、夏ばて気味でんねん。せやから、なかなか自分の想うように、身体と心の自由がきかない自分自身に、言い聞かせている言葉でおます。

心に太陽、唇に歌を!泣きたくなったら、思いっきり泣け。おかしかったら、思いっきり笑え。家族と和み、友と語り、師に教えを乞い、自分に素直になる。人様の喜びを自分の喜びとし、人様に必要とされる人間でありたい。馬鹿にされ、謗られようと、自分の信じた路を生きる。愚直な生き方だけど、それしか出来ないから、それでいいんだ。(かっこええなあ・・・)

私の、生涯の恩師、大河萬子次先生は、何時も私にこう、おっしゃって下さる。「紙芝居を続けなさい。どんなことがあっても、コツコツと努力をし続けて、自分のやりたいことを、やり遂げなさい。」と、大河先生、ありがとうございます。

正直、今は、肉体的にも精神的にも、辛いことがあります。(誰だってそうですね。)でも、何時も、そんなめげそうになる時に、大河先生が、私に、色々な事を教えをして下さるのです。

今日も、先生が教えてくださった言葉は、「心に太陽を、唇に歌を!」本当に、どんなに辛いしんどい時でも、心の中に太陽が在れば、素敵ですね。どんなに苦しい時でも、下手くそやけど、大きな声で歌をうたうと、元気になれますね!

ここ、数日間、夏バテで、へしゃげた蛙みたいになっていて、それでも仕事だけは、行かないといけないし、家族のことを見守らないといけないという、窮地に立たされ、お医者さんで、注射を打ってもらって、仕事に行ったり、紙芝居の活動や、10月12日の紙芝居の公開講座の準備に追われていた自分でしたが、84歳の恩師の言葉に元気を戴き、明日も、笑顔を忘れずに、一歩でも前進出来るように、顔晴るぞ!オー!

              byみかん

|

« しずるがぐずる 9月4日 | トップページ | うちは、逃げません! 9月8日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。