« 話がかみ合わない時?6月6日 | トップページ | 嗚呼、涙の研修! 6月7日 »

不快指数0%?  6月6日

梅雨の真っ只中、体調の不調を訴えておられる方も大勢おられると思う。ご他聞に漏れず、私も連日のボランティア活動と、夕方からの、塾のアルバイトと、家事を及ばずながらら、こなしていくことは、かなりきつい。そして、何より在り難いことに、母が、むっちゃ元気で、パワーが炸裂しそうなので、私は、そのパワーに押しつぶされそうになりながら、彼女に脳トレの算数の問題や、解らない漢字を聞かれたら、教えさせて戴いている。

そんな、ずぶ濡れも服を着て、歩いている様な私だったが、今日は、5時から、何時もの様に駅前の塾に出向いた。この塾で、一番困るのは、学生さんか講師の先生か判らない時があることだ。今日も、若い男の先生が来られ、挨拶をして、生徒さん達が、やって来た。

私は、今日は以前から約束していたように、諺のカルタを持って来て、諺の学習をしようと計画していた。小学5年生の男の子と女の子と一緒に、ことわざカルタを机の上にならべた。このカルタは、普通のカルタと同じように、ことわざの上の言葉のカードと下の言葉のカードに分かれていて、上の言葉を読んで、下のカードを取って、競うというカルタだ。

初めは、分からない諺に、ちょっと途惑っていたが、段々と興じてきて、終いには、一緒に指導している、中2の学生に読んでもらい、テストによく出る諺の傾向と対策を考えてくれて、大変実の在る授業が出来たと、自画自賛している。

何時の間にか、私は連日の疲労感も消え、子供達と楽しく笑いながら、学習の時間を過ごすことが出来た。やはり、どんなことでも、「楽しむんでする」ということが、一番長続きする秘訣ではなかろうか。

特に、梅雨のこのしんどい時には、なお更だ。私の不快指数も、何時の間にか、段々と下がり、晴れ晴れとした心で、塾を後にした。

              byみかん

|

« 話がかみ合わない時?6月6日 | トップページ | 嗚呼、涙の研修! 6月7日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。