« 風邪ひきみかん 4月29日 | トップページ | ブームと文化  5月1日 »

油を売るのも大変? 4月30日

本日国会で、暫定税率成立云々とやらで、ガソリンの税金が上げられて、町のガソリンスタンドは、駆け込み需要で、大変な車の行列だという。私は、そのニュースをテレビで観て思った。「全く、油を売るというのは、大変な商売だ。」と・・・・

昔から、「油を売る」とは、仕事をさぼったりした時に例えて言う言葉だが、今回ばかりは、ガソリンスタンド屋さんが、本当に大変な思いをされているであろう。どんな商売でも、需要と供給のバランスが、或る程度保たれて、初めて商売が成り立つものだと思う。

私も商売人の娘の端くれで、昔から、「三方良し」とするのが、商いの基本だと、教えられてきた。つまり、「売り手良し、買い手良し、社会良し」で、初めて商いが成立する。この基本が崩れると、社会の基盤自体が崩壊してしまうのだ。

ガソリン屋さんも、何も大もうけをしようと思って、こんな忙しい思いをされているのではない。むしろ、早く家に帰って、ゆっくりとされたいだろう。「油を売る」のも楽ではない時代がやって来たのであろうか?汗だくになって、給油されている、お店の店員さんの姿を見て、大変な時代になって来たなあと、ため息と風邪ひきの咳にむせぶ、みかんであった。

         byみかん

|

« 風邪ひきみかん 4月29日 | トップページ | ブームと文化  5月1日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。