« ぼちぼちいこか!  5月10日 | トップページ | やれば出来る? 5月13日 »

徳川家康公 遺訓 5月12日

         徳川家康公 遺訓

人の一生は重荷を負て遠き

道をゆくがごとし いそぐべからず

不自由を常とおもえば不足なし

こころに望おこらば困窮したる

時を思い出すべし

堪忍は無事長久の基

いかりは敵とおもへ

勝事ばかり知てまくる事しらざれば

害其の身にいたる

おのれを責て人をせむるな

及ざるは過たるよりまされり

慶長八年正月十五日     家康花押

    

       ひとはただ身のほどを知れ

            草のはの露も重きは 落るものかな

                               (原文ママ)

|

« ぼちぼちいこか!  5月10日 | トップページ | やれば出来る? 5月13日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。