« 孔子の教え  8月5日 | トップページ | 孔子の教え    8月7日 »

孔子の教え  8月6日

「直きを挙げて 諸(これ)をまがれるに錯けば 則ち民服す」

(正しい人を登用して、不正な人の上役に配置すれば、人民は承服してこれに従う。魯の哀公の「どうしたら、人民が服従するだろうか」との質問に対する孔子の答え。)

*みかん曰く

邪まな考えの人をリーダーに登用すると、ろくなことはないと云う意味である。反対に志の良い人を採用すると、人民は、心から従うであろう。真の国造りをする為に、私達は今、真剣に考えなければならない時に差し架かっているのだ!人望と人気が在ると云うのとは、違う。増して国民の心が離れてしまったら、潔くリーダーの座を降りるべきだと、私は思う。権力にしがみついている姿程、醜いものはない。

|

« 孔子の教え  8月5日 | トップページ | 孔子の教え    8月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孔子の教え  8月5日 | トップページ | 孔子の教え    8月7日 »