« しっかtり者のお婿さん!6月2日 | トップページ | 親友(友)の言葉 6月6日 »

本番は、魔物! 6月3日

日は、紙芝居の舞台の口演の日だった。

朝から、私は緊張し、家では母に甘えて、当り散らしピリピリとしていた。

私の出番は、第二部のしっよぱな、舞台の袖で、もう一度声に出して、内容を繰っていた。

よし、これで大丈夫と思い、今までに練習も充分したと、慢心した私が明らかに居た!

いよいよ本番、舞台に立ったわたしは、うろたえた!「しまった!ライの光で字が見えない!」

この最初の動揺で、わたしは、しょっぱなで、とちってしまった。「ああ、やっぱり、紙芝居を侮ってしまった。」

それでも、観客の皆様が熱心に見入って下さるのを感じることが出来、また、わたしの恩師の、大河先生や、紙芝居仲間の方々が、わざわざ見に来て下さっていることを嬉しく思い、お琴の心良い音色に惹かれ、後半は、本当に気持ち良く、「天人のはごろも」を演じさせて戴けた。

紙芝居の作品世界を活かしながら、演奏して下さった、赤川ふく様、本当にありがとうございます。そして、今日、お世話になった、ラベンダーの会のメンバーの方々、ありがとうございます。お忙しい中を、私の拙い紙芝居を観に、足を運んで下さった観客の皆様方、ありがとうございます。

舞台は生もの、失敗をして、経験を積み重ねて、わたしは、成長させてもらえるのだと想います。

「舞台は、魔物!」これでいいと云う域がない。練習を怠らないことが、何よりの自信に繋がることを肝に命じたみかんであった。

                            byみかん

|

« しっかtり者のお婿さん!6月2日 | トップページ | 親友(友)の言葉 6月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しっかtり者のお婿さん!6月2日 | トップページ | 親友(友)の言葉 6月6日 »