« 伯父の不慮の死   6月6日 | トップページ | かみしばいで感謝! 6月10日 »

生きるって素晴らしい!6月9日

それ、人間の不定なる相をつらつら感ずるに

凡そ儚きこと幻の如し

一生過ぎ易し、今に至りてたたれか、ひゃくねんの形態を保つべきや

一度きりの人生の無常をなげかず、いかに、限られた生涯

これは、私の家の宗派の言葉の一節である。 

限り在る生涯を全うして、人生を実の在るものにするためには、

家族や親しき友人と、おもしろおかしくなごやかに、しかも有意義な時をすごすかが、大切である。

ああ、惜しい人を亡くしたと言ってもらい、決して悔いのない人生を送りたいものだ。

伯父の葬儀に列席して、私は、人生の儚さをあじわうと同時に、自分のこれからの生き方を新たに決意した次第である。

人間は、死ぬまで人様から必要とされていることが、一番の喜びであると想う。生涯現役で在り続けることが、即ち、生きる喜びなのだと私はおもう。

生きていることの喜びを私達は、今一度よく考え、感謝し、行動しようではありませんか?生きたくても生きれなくて、死に往く人達の分まで・・・

                          byみかん

|

« 伯父の不慮の死   6月6日 | トップページ | かみしばいで感謝! 6月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伯父の不慮の死   6月6日 | トップページ | かみしばいで感謝! 6月10日 »