« やるしかない! | トップページ | いつものように(4月6日) »

今日という日を

私はいつも時間と云う空間の最中を、もがきながら必死で生きている。

もう少し休もう、休もうと思っても、どんどんと前に進んだり、時には空回りして、溺れそうになることの方、多い。そんな落ち込んだと時には、友に悩みを聴いてもらい、或る時には、母に紙芝居の練習台になってもらい、心のバランスを何とか保っている。

時には、夫さんのスリッパを廊下に投げつけて、やり切れない気持ちをぶつける時もあるが、やがて心の平安を取り戻し、自分の「今」を大切にしたいと想うのである。

今日という日は、2度とやって来ない。だから、わたしの自由、使い方次第で、活かすも殺すも全て自分自身に還ってくる。

世の為、人の為、曳いては自分の為。そんなみかんの生き方でござんす!どうか宜しくお見知りおきを!byみかん

|

« やるしかない! | トップページ | いつものように(4月6日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やるしかない! | トップページ | いつものように(4月6日) »