« 今日の一言 1月5日 | トップページ | 今日の一言 1月7日 »

今日の一言 1月6日

〔ならぬものはならぬ〕
「今日、テレビで会津若松藩の幕末の少年達の生き様を描いた、白虎隊のドラマを観ていた。その中で、何度も台詞に出て来た言葉が、この「ならぬものはならぬ」という言葉である。一見、今の現代社会にはそぐわない、理不尽な言葉ではあるが、私は、この言葉が大変気になった。何故心に引っ掛かったかというと、現代社会では、物質的にも豊かになり、なんでも自由で、不自由なく、暮らせている様だが、人々は自分の考えを変に人と会わせて、摩擦を避ける傾向がある様に見受けられて、仕方がない。いけないことや、間違っていることを、堂々と毅然とした態度で表現する人の、なんと少なくなって来たことか…子供は親の顔色を窺い、親も、自分自身に関係のあること以外は、無関心で、学校の先生は、保護者に気を遣い、それを見ている子供は何が正しくて、何が間違っているのか、判らない。道徳心という言葉が、死語になって来た昨今、美しい国も結構だが、分別の善し悪しを、きっちりとわきまえる人を育てていく大切さが、この言葉の裏に秘められていると、私は思う。上っ面の形容よりも、遥かに深く、人の心に突き刺さる、「ならぬものはならぬ」という言葉を今一度、考えてみる時代に差し掛かっているのではないだろうか?現代社会を救う道の、ヒントが隠されている様に私は思うのだが、如何なものであろうか?」byみかん(*^_^*)

|

« 今日の一言 1月5日 | トップページ | 今日の一言 1月7日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一言 1月6日:

« 今日の一言 1月5日 | トップページ | 今日の一言 1月7日 »